会社を仮病で休む時、病院で診断書はもらえるか(実践済み)

会社を仮病で休む時の病院の診断書

診断書がもらえるか心配…。


やむを得ない事情があり、仮病で会社を休むこともあるかと思います。しかし厄介なことに、会社によっては診断書の提出を求めてくる場合があります。「(仮病だから)もらえないんじゃないか…」と不安な方のために、今回は会社を休む際の診断書についてまとめます。

結論から言うと、もらえます

スポンサーリンク

会社を仮病で休んだ場合、病院で診断書はもらえるか(実践済み)

仮病で会社を休む場合の病院の診断書
間違っても医者に「仮病だけど診断書下さい」とか言ってはいけません…。

診断書は絶対必要?

病気やケガによる休暇の場合、診断書の提出を求められることがあります。これは会社によるので、一度、自分の会社の規定を確認しておくと良いでしょう。当日に確認する場合は、電話で休みを伝えるついでに、ゴホゴホ言いながら確認しておきましょう。

診断書は高い!できれば領収書で

初めて診断書を貰った時ビックリしたんですが、結構お金がかかります。超安い例で1,000円、高いと10,000円するところも。大体5,000円前後が相場みたいです。

仮病で会社を休むための診断書料金

病院に行って半日潰す上に、診断書で5,000円取られるんじゃたまりませんね(;´д`)=3
会社に求められて発行するわけですから料金は負担してほしいところですが、現実は自己負担の会社が多いようです。
病院に行った事が確認できれば良いというところもあるので、領収書で代用できないかを事前に確認しておくといいでしょう。

仮病で診断書はもらえるの?

もらえます。症状をしっかりと伝えれば、適当な病名が入った診断書を出してくれます。

大切なのは、熱やハッキリした症状があること。病院で熱を測った時に平熱だったとしても関係ないです。「解熱剤を飲んでいる」とか「朝は高熱だった」で通します。

その他、頭痛、眩暈、寒気など、適当にアレンジします。過去に自分が経験した病状を思い出して伝えるのもいいでしょう。あなたの体調はあなたにしか分かりませんから、自信を持って伝えて下さい。普通はそれであっさり診断書を出してもらえます。

終わりに

仮病で会社を休むのはほどほどに

仮病はほどほどに。


頻繁に使って楽を覚えてしまうと、休み癖がついてしまいます。
私は経理の仕事をしていたのですが、決算期になる度に病休を取る先輩がいました。決算期はとても忙しい時期なので休みたいのは分かるんですが、毎回ピンポイントで休むので嘘丸出しです(笑)

診断書があろうが、頻度やタイミングによっては周囲に疑われやすくなるので、仮病を使う際は注意しましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です