仕事を辞めたい…うつ病になる前に解決策を考える!

仕事を辞めたい時

仕事を辞めたい…


と思いつつ、生活のため仕方なく働く。そういう人は多いと思います。
しかし、そのままズルズルいってしまっていいのでしょうか?

今55歳なら逃げ切り体制でいいですが、30歳なら定年まで残り30年あります。30年耐える自信がないなら、解決策を考え始めましょう。現状のままズルズルいって、40半ばでうつ病にでもなったら、転職もままなりません。

すぐ辞めようとかいうことではくて、今後の方針を決めておきましょうという話です。方針が決まっていないと何も行動が起こせないので。

スポンサーリンク

仕事を辞めたい時 – うつ病になる前に解決策を考える!

仕事を辞めたい時はうつ病になる前に解決策を考える
転職するのか、独立するのか、それともいまの職場で頑張るのか。自分が進むべき方向を明確にしておきましょう。

原因を特定する

精神的に追い詰められている時は、モヤモヤして考えがまとまりません。まずは、「仕事を辞めたい」と思わせる原因から特定しておきましょう。

仕事を辞めたい理由の例

  • 上司への不満
  • 同僚との不仲
  • 人事評価への不満
  • 労働環境の不満
  • 給与への不満
  • 業務内容への不満
  • 社風が合わない
  • 会社の経営悪化
  • キャリアアップしたい
  • 自分のビジネスを始めたい
  • 持病

例を挙げたらきりがないですね。
大別すると、「人間関係」、「会社への不満」、「自己実現」が主なものでしょうか。

対応を決める

上記で確認した、自分が仕事を辞めたい理由に応じて対応策を練りましょう。

仕事を辞めたい理由に応じた対応策

① 現在の職場で原因を解決する努力をする

転職や退職をするのは、結構な覚悟が要ります。仕事を辞めたい原因が、一時的または改善が可能なものであれば、現在の職場で解決の努力をするのが無難です。

例えば、「上司や同僚への不満」などは、まずは関係改善の努力をしてみるのが第一です。それが難しい場合でも、将来異動があれば解決するというのであれば、異動を申し出たり、耐えてやり過ごすのも一つの手です。

明らかなパワハラ等の場合は、「戦う」という選択肢もあります。私の知り合いは人事部を通してパワハラ上司と戦いました。結果、上司は降格、本人は地方転勤という相討ち的な結果に終わりましたが、現在は楽しんで働いているようです。コンプラがしっかりしている会社であれば、検討する価値はあります。

② 転職

人事評価や会社の体制など、自分の努力ではどうしようもないことが原因の場合や、キャリアアップを考えているなら転職を検討しましょう。

転職を検討する際には、「自分の市場価値」、「希望に合った募集があるか」、「そもそもやりたい仕事も明確でない」等、様々な不安が付きまといます。

こうした不安を解決するため、現在では転職サービスを利用するのが一般的です。代表的なものは、転職者の8割が利用しているというリクナビNEXT。登録しておくと、条件に応じたスカウトオファーが届きます。漠然と「仕事を辞めたい」と考えているような人は、とりあえず登録しておくといいと思います。登録にはお金もかかりませんので。

③ 独立起業

やりたいことがある場合は、独立起業も選択肢の一つです。私はこれを選択しました。

特に、インターネットを使ったビジネスの場合、多額の初期費用は必要ありません。ビジネスを開始するためのサービスも充実してきており、年々ハードルは下がっているように感じます。

独立起業をする場合、まずは副業から始めることを強くおすすめします。退職してから「やっぱり駄目でした(笑)」ではダメージが大きすぎます。無駄にリスクを背負い込む必要はありません。まずは、副業で始めてみて、ある程度の収入が入ること・継続できることを確認してから退職を検討し始めましょう。
仕事を辞めたいあまりに感情的な判断をしてしまうと、日々減っていく貯金残高を眺めながら怖い思いをするハメになります。

※ 副業で気軽に始められるものとして、個人的にはブログ広告か転売あたりをお勧めします。会社が副業禁止の場合は、ばれないようにご注意ください。

サラリーマンの簡単副業!ブログ広告で脱サラの種をまく
休日はいつも何をしていますか? 色々楽しい予定を入れている人も多いと思いますが、何もやることがないという人は、副業に励んでみるのはいかがでしょうか。 ...

退職を決意したら

仕事を辞めたい時の決意
仕事を辞める際は、「引き止められるのではないか」、「揉めるのではないか」といった不安がよぎります。しかし、会社は強制収容所じゃないので、辞められないことはありません。大切なのは自分の決断ができているかどうかです。別に悪いことをしているわけではないので、辞めると決心したのなら堂々と辞めましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です