布団から出られない朝、5ステップで布団から出る方法

「仕事に行かなきゃ…でも眠い、だるい、寒い…。」

そんな朝ありますよね? 冬はもちろんですが、毎日仕事で疲れていると、夏でも布団から起き上がりたくなくなるものです。

そんな方のために、ここでは、5ステップでスムーズに布団から出る方法を紹介します。一番下まで読む頃には、いつのまにか布団から脱出できているハズです。

スポンサーリンク

5ステップで布団から出る方法

布団から出られない朝に布団から出る方法

ステップ1.カーテンを開けるor電気を付ける

明るい光を浴びることで、体内のメラトニン(睡眠を促すホルモン)が減少し、目がパッチリと冴えてきます。

ステップ2.深呼吸

そのままの体制でいいので、大きくゆっくり深呼吸を繰り返してください。
鼻から吸って…、口からはいて…。血液にたっぷり酸素を送り込みましょう。

以下、深呼吸をしながら読み進めて下さい。

ステップ3.目が覚める音楽を流す!

深呼吸しながら、下の音楽を聞いてみて下さい(できれば大音量で)!自然と目が覚めてきます。

▼ 目が覚めるヒーリング音楽【α波】

ステップ4.ストレッチ

下記のストレッチを順番に行って下さい。

① グー・パー運動
布団の中で、手をグー・パーと交互に繰り返してください。同時に、足の指もグッと閉じたり、力を抜いたりを交互に繰り返します。

② 全身でを大きな伸びをする
③ 膝を片方ずつ交互に胸にき抱える
④ 片方ずつ膝を上げ体の反対側(左膝なら右側)へ倒す(ウエストをひねる)

ストレッチで布団から出る方法

 
…どうでしょう。
もう、相当体は目覚めてきたのではないでしょうか。

ステップ5.マッサージ

仕上げです。手のひらで身体ををポンポンポンポンッ!と軽く叩いていきます。強く叩く必要は全くありませんが、素早く繰り返して下さい。腕、体幹、足など、手の届く範囲だけでOKです。

一通り終わったら、もう心も体も起き上がれる状態になっているはずです。

ゆっくり身体を起こして、布団から脱出して下さい!

どうしても布団から出られない場合

いやいや、出られないから…という方もいらっしゃるかもしれません。

大丈夫です。

大~きく息を吸ってから、短く強く「フッ!」「フッ!」「フッ!」「フッ!」と息が切れるまで少しずつ吐く。これを5,6回繰り返して下さい。

そして、そのままのノリで布団をはねのけて下さい。

それでもどうしても布団から出られない場合

もう布団と一体化してしまっているのかもしれません。

▼ 強力な「光目覚まし」を使うのも手です。
光と大音量の最強目覚しinti4(インティ フォー)

▼ お休みする方はこちらの記事をご参照下さい。

仕事を休む理由 | 当日使える厳選言い訳集
「朝になって急に仕事を休みたい…。」 サラリーマンをやっていると、誰でもそんな日があると思います。どうせ休むなら、会社の人に疑われないような理由を選びたいですね。今回は、そんな時のための「実践的な休む理由」を厳選してまとめてみました。

コメント