上司をかっこいいと思う瞬間


頭髪が薄くても、身体が太っていても、“カッコいい上司”っていますよね^^;
職場におけるカッコよさって外見だけじゃないです。

「この人、格好いいなぁ…」
「私もこんな上司になりたい!」

そう感じる上司ってどんな人でしょうか?
上司をかっこいいと思う瞬間集めてみました!

スポンサーリンク

上司をかっこいいと思う瞬間

仕事で上司をかっこいいと思う瞬間

気配りある言葉をもらった時

上司をかっこいいと思う瞬間の1つ目は、上司から気配りある言葉をもらった時ではないでしょうか?

「いつも遅くまでご苦労さん」
「丁寧な仕事をしてくれて助かってるよ」

上司から何気なくかけてもらう気配りある言葉って、すごくうれしくないですか?
ちゃんと自分のことを見てくれているんだな、とホッとしたり、頑張ろうと思えるものです。


組織の中で仕事をしていると、上司は仕事を指示する人間、また部下を管理する人間という位置づけがどうしても目立ってしまいます。

また、上下関係があるので、気さくに話をするということもあまりありませんし、
部下からすると一人一人を見てくれていると感じにくいものです。

その分、自分の仕事や仕事振りを見てくれている、気にかけてくれている、評価してくれていると感じられる言葉を貰った時は心のビタミンになりますね。

ミスをフォローしてくれた時

上司をかっこいいと思う瞬間の2つ目は、部下のミスをフォローしてくれた時ではないでしょうか?

仕事でトラぶったり、お客様を怒らせてしまったりという事、
自分一人の力では処理できず、困ってしまった経験をお持ちの方も多いことでしょう。

「○○に連絡してみればいいよ」
自分では思いつかないようなアイデアをもらうと、さすがいろいろ知っているなと尊敬してしまいますよね。

「俺に任せとけ」
そんな言葉をくれ、てきぱきとクレーム処理をしてくれる姿を見ると、申し訳ないなという気持ちと同時に、この人かっこいいなと思ってしまうものです。

仕事で困ったとき、部下を見ながら上手にフォローやアドバイスができる上司は、部下からの信頼も厚くなるものですね。

反対意見を堂々という姿

上司をかっこいいと思う瞬間3つ目は、反体意見を堂々という姿を目の当たりにしたときですね。若手でこれが出来る人はあまり多くないと思います。

日本のサラリーマンは、縦社会の中で基本的に会社が決めたルールにのっとって、仕事をやっていくというのが、常識化しています。

しかし、これはちょっとおかしいんじゃないの?と感じてしまう事ありますよね。
ただ、それをハッキリと口にできる人というのは。結構少ないのではないでしょうか?

会議の席で、自分より上の上司に向かっても、臆することなく自分の意見を論理的にかつ嫌みなく発言できる上司ってカッコいいですよね。
仕事に対する熱意や自分のポリシーを強く感じ、この人についていきたいと感じさせるものです。

まとめ

人それぞれツボがあり、例を挙げるときりがないですが、ここでは”上司をかっこいいと思う瞬間“を3パターンご紹介しました。

●気配りある言葉をもらった瞬間
●ミスをフォーしてくれた瞬間
●反対意見を堂々と述べる瞬間

上司として余裕があり、自信ある対応を見せられた時、かっこいいなと感じますね^^

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です