仕事ができない人の特徴


「一生懸命しているんだけど、効率が悪くて時間がかかる」
「人は悪くないんだけど、営業成績はイマイチ」

やる気がない訳ではないし、能力がない訳じゃないのに、いわゆる残念な人になってしまう『仕事ができない人の特徴』ってありますよね。
会社で働いていると、当然結果に対して評価がくだるので、気を付けたいところです。

今回はそうした”仕事ができない人の特徴”をまとめてみます。

スポンサーリンク

仕事ができない人の特徴

仕事ができない人の特徴

ホウレンソウが的確にできない

新入社員だった頃、耳にタコができるほど言われた記憶がある人も多いでしょう。

しかし、何年も勤めている人でも、この『ホウレンソウ』がきちんとできている人は意外と少ないのです。

それは必要なタイミングで報告・連絡・相談を行う必要があるからです。
つまり、自分の手が空いた時、自分のペースで行うのは良いホウレンソウではないのです。

例えば、人は良いことは張りきって報告しますが、悪いことはあまり言いたがらない傾向にありますよね。

特に仕事ができない人は、ホウレンソウを何のために行うべきか?という根本を理解しきれていない為、トラブルが起こった際、報告が遅くなり、打てる策が少なくなるという事態がおこるのです。

ホウレンソウを行うメリット、行わない・遅らすデメリットを常にイメージする癖をつけておきたいものです。

計画が立てられない

仕事ができない人の特徴2つ目は、『計画性』がないことです。

仕事をしていると、当然いくつもの仕事を並行して進めるようになりますよね。そして、急ぎの案件が入るなど突発的な仕事も出てきます。

すると、何から手をつけるのか?といった優先順位が上手く付けられないという問題が起こるのです。

そうなると、どの仕事も中途半端になり、最終的に期日に遅れるなど、仕事に追われるだけになってしまいます。

仕事ができない人というのは、仕事の1日の計画、1週間の計画、さらには月間の計画という、計画を組み立てるという事が苦手な人が多いようです。

自分が抱えている仕事と期日は目に見える形に一覧化し、いつまでにどの段階まで仕上げるという計画を立てる習慣を付けていきたいものです。

物事の先が読めない

仕事ができない人の特徴3つ目は、『先が読めない』ことです。

目の前のことをこなすこと、終わらせることだけに必死になってしまうという傾向があると、目先の事しか見えなくなりがちです。

何かトラブルが起こってしまった時に、後から考えると、ちょっと考えれば想定出来たはずのミスが引き金となっているケースは大変多いものです。

そこで、仕事をする時に、こんな場合はどうするか?というケースを事前に考え、その準備や手立ても打っておくことが大切になるのです。

まとめ

仕事ができない人によくある残念な特徴を3つご紹介しました。

●ホウレンソウがベストなタイミングで的確にできない
●仕事の時間の計画性がない
●先の予測ができない

これらは、結果を出すという仕事をする上では欠かせないポイントでもあります。
反面教師にしながら、自分が当てはまることのないよう努力していきたいものです。

仕事ができる人の特徴
「こいつはできる…!」 周囲にそんな風に思われ、尊敬のまなざしで見られる人、どこの会社にもいますよね。 自分とは違う、ものすごいスキルをもった人...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です