会社の飲み会に行きたくない理由


大体の会社には、忘年会、歓送迎会と年に数回は飲み会ってありますよね。

こうしたイベントはほぼ強制参加のものが多いですが、内心、「気の合う仲間と飲みに行くならいいけど、会社の飲み会には行きたくない…」という人も多いのではないでしょうか。

今回は、自身の体験やネット上の意見から、「会社の飲み会に行きたくない理由」を集めてみました。

会社の飲み会に行きたくない時の断り方と欠席理由
会社の飲み会は付き合いとして必要なのは分かるけど、できれば行きたくない・・・そんな時に悩むのが、その欠席理由と断り方でしょう。 ここでは、上手に会社の...
スポンサーリンク

会社の飲み会に行きたくない理由

会社の飲み会に行きたくない理由

飲みに行ってまで気を使いたくない

ただでさえ普段の仕事中は、上司や周囲に気を使いながら過ごしています。それなのに、時間外の飲み会でまで気を使いたくないという気持ちありますよね。

仕事上での気の使い方と違って、飲み会の席というのは違う意味で、仕事以上に気遣いに疲れる場でもあります。

上司の面白くもない話を聞かなくてはいけない。
面白くなくても、大笑いして上司を持ち上げないといけない。
会社でもまだ若手だと、盛り上げ役を任されることもあるものです。

おいしくお酒など飲めません。
会社の飲み会で上司に気を遣う

お酌とお世辞が当たり前な空間が嫌

続いての会社の飲み会に行きたくないと感じさせる理由は、上司や幹部へのお酌やお世辞の振る舞いをし続けなくてはいけないという空間でしょう。

最近では自分で注ぐからいいよという上司もいなくはありませんが、自分より上の人にお酌をしてまわるというのはマナーとして一般的という風潮があります。

そしてお酌をしながら、上司の愚痴をきき、時にはお世辞をふるまうお酌上手の人は、株を上げ出世にも繋がる傾向にあるという現実。

分かってはいるけど、それを上手にこなす世渡り上手な同僚を見ると、さらに会社の飲み会なんて行きたくないと感じずにはいられないものです。

酔った上司の介抱が嫌

部下に持ち上げられ気分も良くなった上司は、どんどんとお酒がすすみ、中には酔っぱらってしまい嘔吐をし、千鳥足で歩けなくなることもありますよね。

「お前送って帰ってやってくれ!後は頼むぞ」と、介抱を頼まれてしまうことがあるというのも、会社の飲み会に行きたくない大きな理由の1つですね。

普段の仲間との飲み会でも、酔った人の介抱は大変なものなのに、それが会社の上司だと余計に気を使うものです。

女の子ならまだしも、夜中におじさんを介抱しながら送り届けるのは辛い仕事です。

長時間の拘束が負担

最後にご紹介する会社の飲み会に行きたくない理由は、長時間の拘束が大きな負担になるという点です。私はこれが最も苦痛でした。

会社の飲み会に行きたくない理由・時間が長い

通常の業務の後の飲み会では、仕事の後のゆっくりしたい時間を失います。最悪なのは休日の飲み会で、他にやりたいことのある貴重な休日の夜を犠牲にしなくてはいけません。

しかも、1次会だけの2~3時間を我慢すればいいのならまだしも、時によっては2次会・3次回と付き合いが続くと、本当に長時間の拘束になってしまい、おカネを払って疲れたくないよという気持ちになりますね。

まとめ

サラリーマンに最近増えている会社の飲み会に行きたくない理由をご紹介しました。

    ●飲み会に行ってまで気を使いたくない
    ●お酌とお世辞が当たり前な空間が嫌
    ●酔った上司の介抱が嫌
    ●長時間の拘束が負担

私の周りの若手は会社の飲み会に行きたくない派がほとんどでした。
しかも、上司たちまで「あぁ~、行きたくねぇ~・・・」とか言うので、一体何のためにやっているのかよく分からない状態だったのを覚えています…^^;

特に若い人は会社の飲み会に行きたくない人は多いと思いますが、周囲に目を付けられるのも良くないなので、一応、角が立たない程度には参加するようにしましょう。

会社の飲み会に行きたくない時の断り方と欠席理由
会社の飲み会は付き合いとして必要なのは分かるけど、できれば行きたくない・・・そんな時に悩むのが、その欠席理由と断り方でしょう。 ここでは、上手に会社の...
スポンサーリンク

コメント

  1. どうもこんにちは
    ヨハネス@元警備員です。

    飲み会は参加したことないのですが、
    私はプライベートを大切にするタイプですから
    飲み会には参加はしたくはないですね。

    こういうのは日本の会社の風習でしょうし
    なかなか断れない事情もあるとは思いますけど、

    それでも参加したくない人を無理に誘っても
    楽しくはないかとは思いますね。

    応援しております。

    • スケヒロ スケヒロ より:

      ヨハネスさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます!

      そうそう、プライベートの時間を削られるのが
      一番堪えるんですよねぇ…。

      私の会社では、わざと仕事を忙しくして
      残業して参加しない、なんて人も結構いました。
      飲み会より残業の方が給料が出るだけ
      マシなんでしょう^^;

      >それでも参加したくない人を無理に誘っても楽しくはないかとは思いますね。
      これに尽きますね。

      応援ありがとうございます!
      また遊びに来てください。

  2. ゆうか より:

    スケヒロさん、こんにちは。
    ゆうかです^^

    「会社の飲み会」
    OL時代を思い出します(^_^;)

    パワハラ、セクハラというものが
    結構問われる時代だったおかげなのか、
    強制参加やお酌をさせられる、
    と言うような事はありませんでしたが、

    それでもやはり「参加はしないと。。。」
    とという空気が漂っていました。

    今回の記事を読ませていただいて
    上司への気遣いも男性の方に比べると
    随分楽だったのかな、と思いました。

    出世の事を考えたり介抱して家に送り届ける、
    という任務は女性にはなかなか回ってこないので(^_^;)

    応援しております。
    また訪問させていただきます^^

    • スケヒロ スケヒロ より:

      ゆうかさん、こんばんは。

      どこも強制参加の感はありますよねぇ。

      >上司への気遣いも男性の方に比べると
      随分楽だったのかな、と思いました。

      これは会社によるんでしょうね。
      私のところなんかはちょっとアレだったので、
      「女って大変だな…」と思いながら見てました^^笑

      応援ありがとうございます!
      また遊びに来てください。

  3. かずや より:

    スケヒロさん

    こんばんは!かずやと言います。
    上司のお酒の量を気にしながら飲むのが苦痛だった事を覚えています。

    でも、ある程度自分が酔っ払ってくるとお酌が苦痛でなくなってくるので
    早めに自分が酔っ払うようにしてました笑

    応援していきますね!

    • スケヒロ スケヒロ より:

      かずやさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます!

      お酒の量は気にしますよねぇ…^^

      >ある程度自分が酔っ払ってくるとお酌が苦痛でなくなってくるので
      早めに自分が酔っ払うようにしてました笑

      少し酔っててもちゃんと対応できる人はそれがベストですね!
      苦しまずに乗り切る秘訣かもしれません。

      応援ポチありがとうございます!
      また遊びに来てください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です