会社の飲み会に行きたくない時の断り方と欠席理由


会社の飲み会は付き合いとして必要なのは分かるけど、できれば行きたくない・・・そんな時に悩むのが、その欠席理由と断り方でしょう。

ここでは、上手に会社の飲み会を断る方法と、欠席理由の例をご紹介します。

スポンサーリンク

会社の飲み会の断り方と欠席理由

会社の飲み会に行きたくない時の断り方と欠席理由

その場で断らない

断るという行為は、拒否されたという感情を与え、基本的に良い印象は与えないものです。しかし、その中でもポイントはあります。

それは「嫌な気持ちを与えないこと」です。

そのためには、その場ですぐに断らないことが大切です。「一旦保留でいいですか?確認してお返事します」といった返答をするようにしましょう。

それによって、行きたい気持ちがあることを感じさせ、断る際にも「行きたくない!」という完全拒絶のイメージにならずにすみます。同時に、「予定があるのかもしれない」と相手に予感させておくことができます。

謝罪→理由→お礼の3ステップ

以下は会社の飲み会の断り方で重要な3ステップです。参加ができるかどうかを一旦保留した後、できる限り当日中に返事は行います。

第一ステップは、「せっかくですが」、「残念なのですが」、「すみませんが」といった謝罪の言葉から入り、申し訳なさをアピールましょう。

第二ステップでは、「簡潔に断る理由を述べます」。
言い訳や嘘だなと感じさせないためには、あくまでも簡潔に言うことがポイントです。

第三ステップで、「お声掛けありがとうございます」的な、お礼で締めましょう。相手の心象も良くなりますし、お礼には批判を封じ込める力があります。

相手が納得できる理由で断る

断り方はある程度分かったとして、悩むのが欠席理由ですよね。断られた相手が、「それなら仕方ない」と納得できる理由を告げることが大切です。


会社の飲み会に行きたくない時の断り方と欠席理由


いくつか例をご紹介します。

先約が入っている

自分より目上の人で断れないという設定で、恩師との約束、同窓会といった理由がいいでしょう。

親戚が来るので送迎をしなくていけない

そんなのいいよとは言いづらい理由ですよね。

病院の検査や予約がある

予約がその日時しか取れなかったということにしましょう。

家庭の事情

「家庭の事情でいろいろありまして」という断り方です。親の介護かもしれないし、親の入院なのかもしれないと匂わせる理由ですよね。万が一、事情を聞かれたとしても、最悪、「プライベートなことなので」と逃げることもできます。

また、一度断れば次も「たぶん来られないだろうな」という暗黙の了解にできる可能性があります。

体調不良

どうしても断れず、当日断る場合に可能な理由としては、「体調不良」か「不幸」があったというのが一番自然ですね。

ただ、「不幸」はさすがに何度も使える理由ではありませんし、お葬式はいつ?ということをたずねられる可能性も有ります。後々のトラブルを避けるため、極力「病気が悪化」とか「親が倒れた」程度にして、亡くなってはない状態にしておきましょう。

まとめ

会社の飲み会の上手な断り方と欠席理由をご紹介しました。

  • すぐに断らない
  • 謝罪→理由→お礼の3ステップ
  • 相手が納得できる理由で断る(先約、送迎、通院など)

しっかりと計画を立て、スマートな断り方を目指しましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です