社内ニートになる原因と脱出方法


ニートというと、働かず仕事を探すなどの行為もしていない人のことをいいますよね。

一方の、「社内ニート」は、社内と頭についている通り、会社には出勤していています。しかし、業務時間内の拘束時間は他の社員同様あるものの、仕事を与えてもらえない社員のことを指します。

ニートよりもある意味、キツイ労働環境ともいえる社内ニートになってしまう原因と脱出方法をご紹介します。

スポンサーリンク

社内ニートになる原因と脱出方法

社内ニートになる原因と脱出方法

社内ニートは幸せ?

「働かないで給料がもらえるなんて羨ましい!社内ニートになりたい!」と思っている人は、意外と多いかもしれません。

しかし、実際になってみるとめちゃくちゃ辛いです^^;

私は退職願を提出してから有給消化に入るまで、仕事を任されず座っているだけの期間が2週間くらいありました。周りの社員が忙しそうに働いている中、ちょっとした雑務をしたり、ネットサーフィンをしたり、新聞を読んだりして一日の時間を潰す、まさに社内ニート状態です。


最初の2日くらいは、「憧れの社内ニート生活だ!」なんて喜んでいましたが、段々、周囲の視線と飽きで、一日がものすごく長く感じるようになります。何のために会社に来ているのか分からず、無駄に時間を過ごすだけというのは本当に辛いものがあります。

神経の太い人はいいかもしれませんが、普通の人は社内ニートにならないよう気を付けるべきです^^;

基本、仕事ができない

これはやむを得ないことですが、基本的に仕事は仕事ができる人間に集まってきます。
逆に言うと、仕事が出来ないと判断された人間には仕事が回ってきにくいという状況が起こるのです。

仕事が出来ない人間にも、賃金を払っている以上、仕事をさせないと雇っている意味がありません。本来であれば、教育や指導を行う必要性があるのですが、実際にはそんな時間の余裕がないという事情があります。

仕事の姿勢

次に具体的に社内ニートとなってしまう原因を作る人の例を見ていきましょう。

    「今忙しいです」
    「それ、僕には無理です」

このように、自分に仕事が与えられたときに、後ろ向きの発言をする人ってどうでしょうか?

「仕事をやらせても、いい仕事をしそうにないな」
頼む側からしても、そんな風に感じ、仕事を頼みたくないという気持ちになりませんか?

こういった仕事の姿勢をしていると、だんだんと仕事が減ってきて社内ニートへまっしぐらとなってしまうのです。
社内ニートの原因と脱出方法
もちろん、忙しくて今は手一杯という時もありますし、自分が経験したことがない仕事だと不安もあるでしょう。

しかし、マイナス発言は辞め、とりあえず積極的に仕事を受けていく姿勢を見せることが大切です。
例えば、今忙しくても、話を聞き、いつまでで良ければ出来そうです、と調整をする姿勢を見せていくようにしましょう。

いつも受身の人

自分からは動かない。
自分の仕事がなければ、ボーっとしている。

仕事は与えてくれるものだと思っている人は、社内ニート予備軍です。
上司や周りから、コイツはやる気がないと思われても仕方がありません。


教えてもらってないから分からないから、仕方ない。
忙しそうだから聞きづらいなあ。
今更、こんなこと新人みたいに聞けないなあ。

このように、分からないことを質問しない人も同様です。

自分一人の知識や考えで出来る仕事は、本当に限られていますので、いい仕事しないだろうなと思われ、仕事が回ってこなくなってしまいます。


自分に仕事がない時も、周りのサポートをしたり何か仕事を探すように態度を改めましょう。

また、分からない事はそのままにせず、相手が忙しそうなら、後で5分だけ時間もらえませんか?と打診するなど、質問していくようにしましょう。

まとめ

社内ニートになる原因とその脱出法についてご紹介してきました。

原因は、会社の体制もありますが、その改善を望むのは難しいものです。
まずは自分自身が変わっていかないと脱出は不可能に近いでしょう。

自分の仕事の姿勢を改め、とりあえず積極的に仕事をやりにいく姿勢を見せることが第一です。

スポンサーリンク

コメント

  1. マサキ より:

    スケヒロさん

    おはようございます。
    マサキです。

    「社内ニート」という言葉を知ってましたが、詳細まで知りませんでした。

    記事を読んでいて、つらいなって思いました。

    気をつけます。

    応援完了しております。

    また、お伺い致します。

    • スケヒロ スケヒロ より:

      マサキさん、おはようございます!

      社内ニートは羨ましくみえますが、なると辛いですよ^^;
      相当神経が太くないと楽しめません。

      忙しいのも嫌ですがヒマすぎるのも良くないですね。
      ほどほどが一番。

      >気をつけます。
      気を付けて下さい笑

      応援ポチありがとうございます!
      また遊びに来てください。

  2. どうもこんにちは
    ヨハネス@元警備員です。

    社内ニートという状態になってしまうと
    会社に行きづらくなってしまいますね。

    割と私も会社にいたころは
    こんな感じだったようにも感じますね。

    (まぁ警備なんで自分で仕事をってのは
     なかなか難しいようですが)

    その反面アフィリエイトは
    自分で動いていかないといけませんから、

    一応社内ニートな状況からは脱出はできているかな?

    とか思ったりしますが。

    応援しております。

    • スケヒロ スケヒロ より:

      ヨハネスさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます!

      そうそう、そもそも会社に行きづらいんですよねぇ…^^;

      >その反面アフィリエイトは
      自分で動いていかないといけませんから、
      一応社内ニートな状況からは脱出はできているかな?

      そうですよね、アフィリエイトは自分で考えて
      どんどん動かないとですからね。

      怠けてしまうと本当にただのニートみたいになってしまうので
      私も頑張りたいと思います^^;

      応援ありがとうございます!
      また遊びに来てください。

  3. あとむ より:

    おはようございます。

    あとむです。

    「社内ニート」そんな言葉あるんですね><;
    私は初めて聞きました。

    実際、そうなると精神的にきついかもしれませんね。

    とりあえず、、動く・行動するとか対策を練って
    「社内ニート」な状況からは脱出していく方法を取るべきでしょうか??

    分からないものが、あまり口に出すのもなんですが・・・

    応援完了

    また伺います。

    • スケヒロ スケヒロ より:

      あとむさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます!

      周囲の視線もありますからね…。
      普通の感覚だと辛いと思います^^;

      >とりあえず、、動く・行動するとか対策を練って
      「社内ニート」な状況からは脱出していく方法を取るべきでしょうか??

      脱出すべきです笑
      とにかく動く、行動する姿勢を見せることが大切ですよね。

      応援ありがとうございます!
      また遊びに来てください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です