仕事辞めたい病対策 | 会社を辞めたいと思ったら


サラリーマンの多くが、一度は『仕事辞めたい病』にかかった経験があるのではないでしょうか?

仕事をしていると、すべてが順調に行くことばかりではありませんよね。
今は順調だったとしても、急な異動で全く未経験の仕事を任されたり、やりたくない仕事をしなくてはいけなくなったりと、自分の意思とは関係なく変化もやってきます。

今回はそんな『仕事辞めたい病』にかかった時の対策を探っていきましょう。

スポンサーリンク

仕事辞めたい病対策 | 会社を辞めたいと思ったら

仕事辞めたい病対策 | 会社を辞めたいと思ったら

辞めたい理由をピックアップ

大きく分けると、以下のような理由が多いのではないでしょうか?

  • 上司と合わない
  • 人間関係が上手くいかない
  • 仕事自体が自分に合わない
  • 残業が多すぎる
  • 給料が安い


中でも、具体的にこんなことがあって嫌だったという事柄をあげ、まずは心の中に溜めている”嫌だ”という気持ちを整理しましょう。

色んなことがあって、もう思い出せないけど、とにかく嫌だ!という状況だと冷静な判断できません。

現状が嫌だから辞めるという決定をするのは、ただの現実逃避ですし、さらに良くない方向に向かってしまうこともあります。

万が一、会社を辞めるという結論に至ったとしても、『○○がしたいから転職する』といった前向きな理由で動いたほうが、その後もきっと上手く行きます。

そこで、まずは気持ちの整理と現状を理解し、本当に解決できず先が見えないのかを“冷静に”判断しましょう。

期限を決めてみる

辞めたい気持ちを持ったままだと、仕事に身が入りませんよね^^;

人間、終わりが見えない努力は出来ないものです。
このままずっと我慢を続けなきゃいけないと思ってしまうと、身が入らないのも当然です。

そこで、これから半年だけは、嫌なことをちょっと横において仕事に打ち込む!といった具合に自分の中で期限を決めましょう

そして自分で決めた期限後、もう一度「本当に会社を辞めたいかどうか」を考えればいいのです。

そうする事で、徐々に気持ちにも変化が現れてきます。
期限まで本気で取り組んでいるうちに、段々と自分自身が成長し、能力や考え方も少し変わってくるはずです。

目標を見つける

仕事を辞めたいと思った時に、ネックになるのが『生活をどうするか』というところでしょう。

もし、転職先や辞めた後の収入に全くあてがないのであれば、すぐに辞めるのは現実的な選択肢ではありません。今の会社で何とか体制を立て直す必要があります。


仕事辞めたい病で会社を辞めたいと思ったら

まずは、社内の人でなくても構いませんので、この人のようになりたい!といった目標を見つけてみましょう。あなたが目標とするビジネスマンのモデルを心に描いてください。

さらに、これを出来るようになりたい!という具体的な目標を作りましょう。

自分の状況は他の誰かでは打破できません。明確な目標を持ち、自分自身が前を向く事こそが仕事辞めたい病の改善の糸口になるのです。

転職・副業に全力を注ぐ

いっそ今の会社は諦めて、転職や副業に全力を尽くすのもアリだと思います。

転職

転職する人が増えてきて、昔に比べてハードルが下がった印象がありますね。今はネットの転職サイトが豊富にあるので、情報源に困ることもありません。

タダなので、転職に興味がある方はとりあえずリクナビNEXTに登録しとくといいと思います。登録内容に沿って、企業からオファーが届くようになります。

副業

副業を初めて、将来の退職に備えるというのも手ですね。(副業禁止の方はご注意ください。)

私自身の反省ですが、副業でろくに稼げていない時点で脱サラするのは危険です^^;
まずはしっかりと準備期間を設けて十分稼げるようになってから、脱サラを検討し始めた方がいいでしょう。

サラリーマンの簡単副業!ブログ広告で脱サラの種をまく
休日はいつも何をしていますか? 色々楽しい予定を入れている人も多いと思いますが、何もやることがないという人は、副業に励んでみるのはいかがでしょうか。 ...

まとめ

ここまで、仕事辞めたい病対策についてご紹介してきました。

  • 辞めたい理由をピックアップし、心を整理する
  • 期限を決めて頑張る
  • 目標を見つける
  • いっそ辞める

一時の感情に流されず、じっくり考えて、良い方向に進んでいけるようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です