仕事で気持ちが落ち込んだ時の気晴らし方法


「大事なところでミスをして、案件を取り損ねてしまった」
「準備してプレゼンに臨んだはずなのに、緊張のあまりボロボロだった」

仕事で失敗してしまった時、後悔してもやり直しはなかなかきかないものです。

しかし、だからと言って凹んでいると、ミスの連鎖を起こしかねません。できるだけ早く気持ちを切り替えて、次の仕事に臨めるようにしていく必要があります。

今回は、仕事で落ち込んだ時、気持ちを切り替えて前に進む為の気晴らし方法をご紹介します。

スポンサーリンク

仕事で気持ちが落ち込んだ時の気晴らし方法 3ステップ

仕事で気持ちが落ち込んだ時の気晴らし方法

1.身体を動かす

まずは、落ち込んでいる気持ちを落ち着かせることから始めましょう。
色々と悩んでみたところで冷静な結論はなかなか出てこないからです。

その為には、その事をずっと心に溜めこんで悶々としているのは得策ではありません。
落ち込んでいることは現実として受け止めた上で、外に出て少し散歩をしてみましょう。


その時のポイントは、極力何も考えずに、歩くことに集中する事です。

「○○したらよかったかなー」
「××が良くなかったんだろう」

落ち込んだ状態から抜け出せないままで、落ち込みの原因を考えるのは逆効果です。

自分のダメ出しを自ら行うだけで、余計落ち込んでしまう可能性大です。

20分~30分休まず歩き続けると、人の身体にはβ-エンドルフィンという快楽ホルモンが出ることが分かっています。この効果を気分転換に役立てていきましょう。

2.落ち込んでいる話を誰かに聞いてもらう

気持ちが少し落ち着いてきたら次のステップです。

仕事で落ち込んだことを、同僚でも知人でも、先輩でもいいので、信頼できる人に聞いてもらいましょう。

仕事で気持ちが落ち込んだ時は人に聞いてもらう

まず、出来事を口から出して言葉にすることで、自分の気持ちやその出来事が整理できるというメリットがあります。

また、仕事で落ち込んだ時はどうしても、自分の殻に閉じこもり、客観的に物事を見ることができなくなりがちです。
第三者の視点で話を聞いてもらうことで、気持ちの切り替えに役立つ良いアドバイスをもらえるかもしれません。

3.分析をする

少しずつ気分が戻ってきたら、3つ目のステップです。

ここで初めて、その落ち込んだ原因となる出来事を分析してみましょう。


仕事で気持ちが落ち込んだ時の原因の分析方法


仕事で落ち込んだ時は、上手くやれなかった事に対する落ち込みと同時に、また同じことをしてしまうのではという『不安』が生まれます。

『不安』は、ちょっとしたことでは解消されません。放っておくと、その後も大きな壁として認識してしまうようになるので、出来るだけ早く解消したいものです。

そのためには、落ち込んでいる理由、起こってしまった原因をを考え、詳細に紙に書き出してみましょう
その上で、どうすればよかったのか、今後はどのように変えていけばいいのかをしっかりと分析して、次に繋げられるようにすることが大切です。

まとめ

ここまで、仕事で落ち込んだ時の気晴らし方法3ステップをご紹介してきました。

    1.散歩をして、快楽ホルモンで気分転換
    2.落ち込んでいる話を誰かに聞いてもらい、気持ちを軽くする
    3.不安を消し、次につなげる分析をする

仕事で落ち込んだ時は投げやりになってしまうこともありますが、また同じ嫌な思いをしない為にも、ぜひこの3ステップを試してみてください。

スポンサーリンク

コメント

  1. 五平太 より:

    スケヒロさん

    こんばんは、五平太です。
    ブログへお越し下さり
    ありがとうございます^^

    営業でやりかぶって
    落ち込んだ時は、自分の車で
    ガンガン音楽を聞いたりするんですが

    やっぱり、体を動かしたほうが
    いいですよね。

    どうも、閉じこもるクセがあって
    いけません。

    失敗も経験ですから
    きちんと分析し次に活かせるように
    がんばります^^

    応援完了です五平太^^

    • スケヒロ スケヒロ より:

      五平太さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      >やっぱり、体を動かしたほうが
      いいですよね。
      どうも、閉じこもるクセがあって
      いけません。

      気持ちが落ち込んだ時って
      特にそうですよね^^;

      ついつい閉じこもってしまいがちですが、
      積極的に気分転換していくことが大切だと思います。

      応援ポチありがとうございます!
      また遊びに来てください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です