職場の人間関係で悩む理由と対処法


社会人になると、一日のうち多くの時間を職場で過ごします。
だからこそ、誰しも職場の人間関係を良くしておきたいと願いますが、なかなか人間関係って上手くいかないものです。

今回は、職場の人間関係を少しでも良好にして、気持よく仕事をするための対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

職場の人間関係で悩む理由と対処法

職場の人間関係で悩む理由と対処法

自分の立場と相手の立場が悩みの種になる

職場の人間関係で悩む理由には、職場における立場関係が大きな原因になります。

部下は上司を立てないといけませんし、先輩と後輩も同じですよね。

会社という1つの枠の中で、それぞれの関係性を維持しながら仕事をしていくというのは、なかなか大変なものです。

特に日本には、昔ながらの厳しい縦社会という風習が根強く残っているので、「その指示はおかしくないの?」と思っても、上司の指示なので逆らえないということも少なくありませんよね。

こうした摩擦を起こさないために重要なのは、日頃のちょっとした意識の持ち方だったりします。

相手の立場を尊重する

お互いの立場にヒビを入れない対処法として、大切なことの1つ目は、『相手の立場を尊重すること』です。

上司と部下といった職場における立場はもちろんですが、会社人としての相手の立場も同様です。

254316

例えば、自分よりも仕事ができない、気が利かないと思う相手であっても、その人を馬鹿にしたような態度を取らないことです。

相手との関係が崩れるだけでなく、そういう態度を取るあなたへの周りからの評価も下げてしまうからです。

同じ職場で働く人同志、敢えて人間関係をこじらせるのは得策ではありません。

気遣いをプラスする

2つ目は『気遣いをプラスする』ことです。

職場での人間関係は、ドライに済ませるという方も多いかもしれませんが、いつものホウレンソウにプラスαの気遣いを入れてみませんか?

どうやれば相手は仕事がしやすいかを考えて動くことで、相手はあなたのその気遣いを感じ、いつの間にか、あなたに協力的になっているはずです。

『相手への気づかい』を意識することは、人間関係の潤滑油として必ず有効に作用するでしょう。

ありがとうを日常的に使う

職場の人間関係で悩んでいるあなた、自分目線でばかり見ていませんか?

自分自身が使う言葉を少し変えることで、職場の人間関係は上手く回り出したりします。


092813


効果的な方法として「ありがとう」を日常的に使ってみてください。

郵便物を持ってくれてくれたことに対して、仕事の報告をしてくれたことに対して、相手が自分にしてくれたことに対して、些細なことでもこの言葉を使うのです。

よく、本来お礼を言う場面で「すみません」と言う人がいますが、「すみません」ではなく「ありがとう」と言うようにしましょう。

「ありがとう」は人間関係をスムーズにする魔法の言葉ですので、意識して是非使ってみてください。

まとめ

職場の人間関係が悪いと仕事まで嫌になってしまうものです。
以下の3つ、頭の隅において過ごしてみてください。

  • 相手の立場を尊重する
  • 相手に気遣いをプラスする
  • ありがとうを日常使いする

人間関係は本当に少しのことで狂いだしたりするものです。
お互いが気持ちよく過ごすため、良い関係を築く工夫を普段から意識していきましょう。

スポンサーリンク

コメント

  1. マサキ より:

    スケヒロさん

    おはようございます。
    マサキです。

    職場の人間関係って難しいですよね。

    以前、人間関係が劣悪な職場におり、
    中立の立場で修復をはかった経験があります。

    その時、人間関係が崩れた時の大変さは、
    身を染みてわかりました。

    職場の空気もすごく悪くなりますよね。

    気をつけていきたいと思います。

    応援完了しております。

    また、お伺い致します。

    • スケヒロ スケヒロ より:

      マサキさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます!

      >以前、人間関係が劣悪な職場におり、
      中立の立場で修復をはかった経験があります。

      最悪ですね…^^;
      直接自分がギスギスしていなくても、
      職場の雰囲気が重くなると疲れてしまいますよね。

      余計なところでストレスを抱えないように
      していきたいものです。

      応援ポチありがとうございます!
      また遊びに来てください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です