冬季うつ病の症状と対策 | 冬はうつになりやすい?


冬はうつになりやすい季節だといわれますが、近年、気持ちが沈んだり、過食になったりと様々な症状を引き起こす「冬季うつ病」が注目されています。

今回は、冬季うつ病の症状と対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

冬季うつ病の症状と対策 | 冬はうつになりやすい?

冬季うつ病の症状と対策 | 冬はうつになりやすい?

冬季うつ病とは

冬季うつ病は、季節性感情障害(SAD)ともいわれるうつ病の一種です。名前の通り季節的なものが関係し、気温が低くなる秋冬になると発症して、春夏には収まるサイクルを繰り返します。

日照時間が少ない欧米に多い病気とされていますが、近年、日本でも患者が増え、注目されてきています。

冬季うつ病の症状

まず、冬季うつ病の具体的な症状を見ていきましょう。

  • 気持ちが塞ぎこみ、落ち込む
  • 今まで楽しかったことに興味が持てなくなる
  • 疲れやすい
  • 以前やれていたことが出来なくなる
  • 集中力がなくなる
  • 人と会うのが億劫になる
  • 性欲が減退する
  • 眠気が強くなり睡眠時間が異常に増える
  • 炭水化物や甘いものが無性に欲しくなる

冬季うつ病の症状のうち、「眠気」や「食欲」の異常が特徴的です。
過食・過眠により太りやすい傾向にあり、昼間に異常な眠気で仕事に集中できないという事も増えてきます。

冬季うつ病の症状

冬季うつ病の原因

冬季うつ病の主な原因は、冬場の日照時間の減少により、脳内の「セロトニン」が減少してしまうことです。

このセロトニンは私たちの精神状態を安定させるのに重要な物質であり、セロトニンの減少は、うつ病の直接的な原因とされています。

冬季うつ病の原因

セロトニンは日照時間が不足すると生成される量が減ってしまうため、寒いからといって屋内にこもっていると、症状を悪化させてしまいます

対策1:太陽を浴びること

冬季うつ病の症状がある場合は、午前中にしっかりと太陽の光を浴び、セロトニンの生成を促進してやることが最も大切です。毎朝起きたら、カーテンを開け朝日をしっかり浴びるようにしましょう。

また、寒いからといって屋内にこもらず、特に天気がいい日などは外に出る時間を作るようにしましょう。

対策2:タンパク質をしっかり取る

セロトニンを増やすために食生活の見直しも必須です。セロトニンはトリプトファンという成分が脳に運ばれ生成されます。

「トリプトファン」は、例えば、乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト)、大豆製品(納豆、豆腐、豆乳)、バナナ、卵、マグロやカツオ、ナッツ類などに多く含まれています。

また、効率的にセロトニンの生成に必要なビタミンB6や炭水化物等も合わせて取るようにしましょう。ビタミンB6はニンニク、肉類、バナナ、蕪の漬物などに多く含まれています。

トリプトファンはサプリメントで摂る方法もあります。

[ お得サイズ ] Lトリプトファン 500mg カプセル120粒入り 海外直送品 [ お得サイズ ] Lトリプトファン 500mg カプセル120粒入り 海外直送品

Source Naturals
売り上げランキング : 9407

Amazonで詳しく見る

対策3:身体を動かす

最後にご紹介する対策は「身体を動かす事」です。

激しい運動したりする必要はありません。気持ちを安定させるセロトニンの分泌には“リズム運動”が有効とされています。

最も簡単なのは踏み台昇降運動で、自宅でテレビを見ながらでも出来ます。15~30分程度を目安に行うようにしましょう。

まとめ

今回は「冬季うつ病の症状と対策」についてご紹介しました。

「冬は寒いから動くのが億劫。気が重いのは当たり前」と考え、冬季うつ病に気づかない人も多いものです。

集中力を欠く、昼間に眠いなど仕事にも悪影響があるため、心当たりがある人は早めに対策をとるようにしましょう。

スポンサーリンク

コメント

  1. あとむ より:

    スケヒロさん、こんばんは

    スキマ時間にWEBライターをしているあとむです。
    「冬季うつ病」ってあるんですね。初めて知りました。
    お昼頃眠いのは、夜間の仕事の影響で、昼食後は窓際が温かいのでついウトウトしてしまうのだと思っていました。

    私の場合は「冬季うつ病」とは多分関係ないと思います。
    ただの睡眠不足だと信じています。

    せっかく対策を記事に書いてくれているので参考にしてみます。

    応援完了

    • スケヒロ スケヒロ より:

      あとむさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます!

      >私の場合は「冬季うつ病」とは多分関係ないと思います。
      ただの睡眠不足だと信じています。

      寝不足でしたらきっと大丈夫ですね^^;
      いわゆる「過眠」が続くなら少し注意が必要だと思います。

      >せっかく対策を記事に書いてくれているので参考にしてみます。
      はい、ぜひ参考にしてみて下さい!

      応援ポチありがとうございます♪
      また遊びに来てください。

  2. ナミ より:

    スケヒロさんこんばんは^^
    ナミです!

    「冬季うつ病」。。

    まさに自分のことなんじゃないかと
    思ってしまいました。。^^;

    記事を読んで思ったのは

    たんぱく質不足、、

    しっかりと栄養を取っていなかったなと
    反省です><

    寝不足、栄養不足で集中力が低下してたのでは
    仕事やネットビジネスの効率なんて
    上がりませんよね^^;

    もう少し自分の体に気を
    使っていきたいと思います!

    勉強になりました!

    応援完了です^^

    • スケヒロ スケヒロ より:

      ナミさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます!

      >まさに自分のことなんじゃないかと
      思ってしまいました。。^^;

      冬はただでさえ動くのが面倒ですからね…^^;
      食べ物にもしっかり気を使っていきたいですね。
      今年も残り僅か…お互い体調に気を付けて頑張りましょう!

      応援ありがとうございます!
      また遊びに来てください。

  3. ヒロ より:

    スケヒロさん、こんにちは!

    「冬季うつ病」って冬場の日照時間の減少によって
    脳内の「セロトニン」が減少して起きるのですね。
    勉強になりました。

    私の場合、仕事柄、趣味などによりどちらかというと
    日に当たり過ぎているくらいなので
    恐らく大丈夫かと思われます。

    それに筋トレも趣味なのでどちらかというと
    体は動かしているほうです。

    しかし趣味などにより最近は、肘や足などが
    少々、痛いです^^そっちの方です。ww

    あと最近は、仕事とネットビジネスで寝不足です。
    「寝不足上等」などと言っていますが
    少し疲れ気味です。これは皆さん一緒ですね^^

    なかなか対策を取れないのが現状です。
    どうやってサボるか考えねば^^

    またお邪魔させて頂きます。
    応援させていただきました。

    • スケヒロ スケヒロ より:

      ヒロさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます!

      >しかし趣味などにより最近は、肘や足などが
      少々、痛いです^^そっちの方です。ww

      ヒロさんはエネルギッシュなので冬季うつ病は
      大丈夫そうですね^^;笑

      >仕事とネットビジネスで寝不足です。

      私も少し見習わないとです。
      今年のラストスパート、お互い頑張りましょう。

      応援ポチありがとうございます!
      また遊びに来てください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です