仕事を辞めたい人向け | 会社を辞めるとこうなる(20代銀行員の例)


仕事を辞めたい人向け | 会社を辞めた経験

辞めたいけど、その後が不安…


「仕事を辞めたい…」と日々考えている人は多いと思います。しかし、会社を辞めた後の生活の不安などから、なかなか実行に移しにくいものですよね^^;

今回は、私が一年半前に辞めてからの生々しい生活についてまとめます。あてもなく辞めた人間がどうなるのか、今後の決断の参考にしていただければ幸いです。

仕事を辞めたい人向け | 会社を辞めるとこうなる(20代銀行員の例)

仕事を辞めたい人向け | 会社を辞めるとこうなる(20代銀行員の例)

※ 私の場合は「脱サラ起業」の事例です。「転職」を目指す方はこちらをどうぞ > リクナビNEXT

仕事を辞めたいと思った理由

「仕事を辞めたい」と感じるようになったきっかけというのは特になく、最初からです。仕事はつまらなかったですし、正直言えば、銀行に入社する前から「働きたくない」という強い思いがありました。

しかし不思議なもので、一度安定した会社に慣れてしまうと辞めるのがどんどん不安になっていきます。実際、「このまま定年まで勤めてしまうんじゃないか」と感じていたくらいでした。

そんな時、パワハラ上司が異動してきて、私にも罵声を浴びせるようになったため、本気で辞めることを考え始めました。毎朝、「金持ち父さん貧乏父さん」という本(お金の勉強の本)を読みながら通勤し、苦手なネット系の勉強をしてネットショップの副業を始めたりするようになりました。

実際に辞める時

会社を辞める準備を少しずつ始めていた頃、突然、親会社への異動が決まりました。抱えていた仕事を全て引き継げるので、「これは良い機会だ!」と感じ、そのままの勢いで退職へ踏み切ることに。当時29歳でした。

会社の仕事を辞める時の出来事

6月にボーナスが入金されたのをしっかりと確認した後、上司へ退職の旨を報告。人事部からやんわりとした引き止めがありましたが、「何を言われても辞めますから!」というスタンスで乗り切りました。

会社を辞める前は、「退職は大変」というイメージがありましたが、意思が固まっていれば辞めること自体は思いのほか簡単です。大変なのは、辞めた後の生活です^^;

脱サラを目指す人のための情報メルマガ

辞めた直後の生活

会社を辞めたは良いものの、収入のあてがありません。副業でネットショップを始めてはいましたが、当時は月収1万円程度しかありませんでした。ただ、「ネットで稼げる」ということを分かってはいたので、そのままネットビジネスに取り組んでみることに。一年やってダメなら、最悪、再就職すればいいかなぐらいの気持ちでした。

とにかく問題は「お金」

稼げるようになるまで、貧乏生活を続ける覚悟をしていました。まずは、家賃46,000円の安いマンションに引っ越し。

<引っ越し直後の部屋>
会社の仕事を辞めた後のお金の問題


田舎ということもあり、安い割に広いです。雨漏りや隣人がうるさいなど、色々問題はありますが、あまり気にしません。唯一、地震がきたら崩れそうで怖いです。。。

稼げるようになって、早くここから脱出したい!というのも、今思えばモチベーションになった気がします^^;

会社を辞めた直後の生活費

独身です。ギリギリまで生活を切り詰めました。

  • 家賃・・・46,000円
    退職したら通勤する必要もないですし、安いところで十分です。
  • 健康保険料・・・32,000円
    前年度の所得を基に計算されます。退職後に収入が減れば、保険料も下がります。
  • 年金保険料・・・16,000円
    高いです。退職の場合、免除してもらう手もあります。
  • 食費・・・13,000円
    自炊で切り詰めています。
  • 電気・ガス・水道料金・・・10,000円
    節約しています。
  • ネット代、スマホ代、その他諸経費・・・20,000円


計:月137,000円


翌年からは住民税もかかります(;´д`)=3

ネットビジネス開始!

仕事を辞めてから、新居に引っ越すと、やる気がグッと湧いてきます。「さぁネットビジネスを頑張るぞ!」と思いきや、ネットの申し込みから接続までに2週間前後かかるとのこと…。引っ越し前にネットの申し込みをしておくことは必須ですね。出鼻をくじかれます。


無事ネットも繋がり、作業スペースを整えました。左のパソコンでニコニコ動画を見ながら、右のパソコンで真面目に作業をするスタイルです^^

会社を辞めた後の仕事環境

不安で呼吸が変に…

上司もいなくなり、朝起きる時間も自由。満員電車もないし、変な人間関係もない。ストレスゼロの環境を手に入れたかと思いきや…、やはり問題はお金です。

お金を稼げていなかったので、将来の不安から、呼吸が変になってしまう時期がありました。胸のあたりが気持ち悪くなって作業が進まないので、「リラックスパイポ」を箱買いして呼吸を落ち着けていました^^;

会社の仕事を辞めた後の不安


本気で仕事を辞めたい人にとって、脱サラは確かに色々なストレスから解放されますが、お金の不安があるとこのように体に悪影響が出たりします。いきなり辞めずに、副業でしっかり稼いでから辞めることをおすすめします^^;

真面目に続ければ稼げるようにはなる

ネットビジネスは胡散臭いかもしれませんが、真面目にコツコツ継続すれば稼げるようにはなります。仕事ができる方ではありませんでしたが、何とかやっていけます。

私は副業のネットショップから始め、2015年の1月からサイト広告を始めました。2016年2月には、サイト広告だけで月収60万ちょっとで着地し、ほとんど働かなくてもなんとか食べていけるくらいにはなりました。(細かい話はメルマガで公開したりしてます。)

サラリーマンをやっていて、一年ちょっとで月収が60万上がるということは稀です。私の会社は年の昇給が2,500円くらいでした^^; そう考えると、ネットビジネスはかなり夢のある世界といえるのではないでしょうか。

ただ、将来どうなるかは正直分かりません。色々な種類の収入を増やし、リスクを分散するよう心がけながら、日々しっかり作業を継続していくことが大切だと思っています。

会社を辞めて良かった点、悪かった点(私の場合)

会社を辞めて良かった点、悪かった点

<良かった点>

  • ストレスがなくなる
  • 好きな時に好きなことができる
  • 給料より遥かに上の収入を目指せる
  • なぜか風邪をひかなくなる
  • 人生が楽しくなる


<悪かった点>

  • 将来が不安


私の場合はですが、会社を辞めることの悪い点は「将来が不安」の一言に尽きます。ネットの世界で何かアルマゲドン的なことがあったら、ネットビジネスをやっている人の多くが一気に稼げなくなるかもしれません。

「検索エンジンの順位の決め方の変更」や「スマホの広告非表示機能の進化」などは影響を受ける身近な例です。検索エンジンに頼らない手法や、色々な種類の収入源を確立しておくことが大切です。

仕事を辞めるべきか辞めないべきか

仕事を辞める辞めないはその人の状況次第だと思いますが、サラリーマン時代の自分に声をかけられるなら、「一刻も早く辞めろ」と伝えます。

うつ病になるくらいなら辞めた方がいいですし、ストレスでハゲそうな場合も辞めた方がいいです。自分で言うのもなんですが、真面目な人生を歩んできたので、辞める時に人一倍恐怖はありました。ただ、今となっては「本当に辞めてよかった」と心から思っています。

私のように、収入のあてもなく辞めるのではなく、副業で稼げるようになってから辞めるという方法もあります。日々、仕事を辞めたいと感じている人は、少しずつ準備を始めてみてはいかがでしょうか^^

脱サラを目指す人向けのメルマガやってます ▼

仕事を辞めたい人向けの脱サラメルマガ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です