会社を辞めるという選択肢を持つべき理由

会社を辞める選択肢を持つべき理由

「会社を辞める」という選択肢を持ちましょう。


別に辞めるのを勧めているわけではないです。ただ、その選択肢を現実的に持っていることが大切なんです。

毎朝、仕事に行きたくないと思っているならなおのことです。「会社に勤めなければいけない」という固定観念は捨てて、うつ病になったり体を壊すくらいなら辞めましょう。

スポンサーリンク

会社を辞めるという選択肢を持つ

21b79c12250687b4d911eaf1d7a5ecc2_m

辞めるのは別に悪いことではないです。

身体を壊す前に辞める

連休明けになると必ずYahooの「話題のツイート」上位に現れる「仕事に行きたくない」のワード。それだけ多くの人がやりたくないことをやり続けなければならないって、本当に嫌な世の中ですよね。連休明けだけならいいんですが、毎朝そう思っているようだと、人生楽しくないですし、いつか体を悪くしてしまいます。

辞めた方がいいかどうかはそれぞれの状況によるので、ここでは触れません。ただ、「辞める」という選択肢を持つことで、うつ病になったり、体を壊すまで疲れ切るという事態は防げます。上司に妙にビクビクしなくなり、自分の意見がハッキリ言えるようになるというメリットも、私の場合はありました。

多くの人が会社を辞めるという選択肢を持たない理由

昔に比べて転職する人は増えてきましたが、やはり世間では未だに終身雇用の考え方が主流です。
なぜ、会社を辞めるという発想を持たないのか。極端な例として、ブラック企業を辞めない社員について、色々なサイトで調べてみました。
会社を辞めない理由

ブラック企業の社員が辞めない主な理由

  1. 人間関係の悪化が怖い
    これはちょっと分かります。自分が辞めたら他人に迷惑かかりますし、気が引けますね。「絶対辞めさせない!」と上司が脅してくる場合もあるみたいです。

  2. 辞めた後が不安
    再就職先が見つかるのか。見つかったとしても、今より待遇が悪くなるのではないかと不安になるのも当然ですね。

  3. 家族・親族からのプレッシャー
    養わないといけない家族がいる。親族への面子が立たない等も大きな理由のようです。


ブラック企業であっても、辞めない理由は普通の会社員と同じような感じなんですね・・・。会社に勤めている人間なら、どれも強く共感できる理由ではないでしょうか。

ブラック企業の社員に関する暗いニュースを見ていると、「そこまで苦しいなら辞めればいいのに・・・。」と多くの人が感じると思います。しかし、実際には上記のような固定概念から、「辞める」という選択肢を現実的な形で持っていない人が多いのです。


辞めるという選択肢を持つために

では、会社を辞めることを現実的な選択肢にするには、どうしたらいいのでしょうか。

上記1の、「辞める時の人間関係の悪化」については、割り切るしかないでしょう。奴隷じゃないので辞めるのは自由ですし、辞めたら本当にどうでもよくなります。問題は、上記2、3の「辞めた後が不安」と「周囲の圧力」ですが、これらは多くの場合、一定の稼ぎを確保できればいずれも解決することができます。もちろん、良い転職先を見つけられる優秀な人はそれでいいですが、そうでない人は・・・

会社を辞める方法

とりあえず副業しましょう!


一番簡単なのは副業を始めることです。何も難しいことはなくて、ヤフオクで不用品を売ったり、ブログを書いて広告貼りつけるだけでもお金は入ってきます。とりあえず最初の100円稼げれば、楽しくなってきてどんどん上達しますから、まずは初めてみることです。

金額が大きくなってくるにつれて、段々と「会社を辞めること」が現実的な選択肢に見えるようになってきます。

※ 会社が副業禁止の場合は、問題にならないように手を打ってからにしましょう。(ヤフオクやブログなら、派手にやらなければお咎めを受けることはまずないとは思いますが。)

最後に

繰り返しますが、すぐ辞めましょうとかいう話ではないです。「常に、会社を辞めるという選択肢を持って働きましょう」という話です。今日から副業始めましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です