【適応障害で仕事を退職】上司の超絶パワハラ!抗議もむなしく…


上司のパワハラで適応障害になり仕事を退職

ここでは、ブラック企業に勤めた方の体験談をご紹介します。

今回はちょっと話が重いです…。掲載するのが怖い部分があったので、伏字が多めですがご容赦下さい。

スポンサーリンク

【適応障害で仕事を退職】上司の超絶パワハラ!抗議もむなしく…

【適応障害で仕事を退職】上司の超絶パワハラ!抗議もむなしく


 S.Sさん(男性)、30代、現在無職(病気療養中) 

研修中に10人が退職

○○として働いていました。もともと安い給料だった前職の頃に、安定した職に就きたいという思いから、学生時代に失敗した○○にもう一度挑戦してみようと思い地元の採用試験を受けたのが始まりでした。できたら県職員とか市役所とかに挑戦したかったのですが、年齢条件に引っかかったため、○○一本に絞りました。

なんとなく○○がブラックだなというのは研修に入ってからも思っていました。私の同期は80人くらいいたのですが、10人弱が研修期間中に辞めてしまいました。半年で1割強。これは普通の企業では採用担当が何かしら処分されてもいい程の数字だと思いますが、それでも何もないのはさすがだなと思います。

その後、研修を終了し、そつなく勤務していたのですが、3度目の異動となったその異動先での体験がブラックでした。

上司がキング・オブ・パワハラ人間でした

私が3度目に配属された部署はそこそこ規模が大きく、小さな部署にはいない「○○」という役職の上司がいました。この上司がパワハラを絵に書いたような人間で、自分の出世が第一の人でした。

具体的には、ちょっとでも問題ありと思う部下については内勤に移した上で、毎日のように辞職を促します。はっきり「辞めろ」というと問題になるので言葉は選びますが、実質的には辞めろと言っているのと全く同じようなことばかりで、何人もの人間を辞めさせていったのだとか。

そこだけに限らずに全国で人手が足りないって言ってるのに、辞めさせようとする神経が全く分かりませんでした。また、立場の強い人間にはとことん弱く、トップが言ったことは何一つ逆らわないという感じで、その結果、現場を混乱させるような指示ばかり出していました。そんな上司に、ある時から私も目をつけられてしまいました。

適応障害で自分も退職の憂き目に

私も例のごとく内勤に移され、ひたすらコピーとかシュレッダーとかばかりをしばらくの間やらされていました。自主的に不足している書類などを補充しようものなら「何勝手なことやってるんだ」と言われ、言われたことだけやっていたら「指示がないとなにもできないのか」と言われて、私のストレスも段々とピークに達していきました。


上司のパワハラで適応障害になり仕事を退職


そして、密室に毎日呼ばれ、辞職を促されました。「お前に出来る仕事はない」「お前には無理って言ってる。お前のために言ってんだ」「腐れ○○に貴重な時間割いてるのが分からんか?」などと毎日2時間くらいは責められていたと思います。気弱な自分はまともに言い返すこともできずに、それでも辞めないと言っているうちに適応障害と病院から診断され、結局退職せざるを得なくなってしまいました。本当に悔しい思いでした。

抗議しても結局はうやむやに…

組織の上部に両親が抗議してくれたのですが、所詮は内部組織なので、「しっかり調査しましたが、パワハラのような事実はありませんでした」という結論で終わりました。言われたことをメモした紙なども提出しましたが、あの調子ならおそらく録音したものを提出しても同じだったような気がします。

辞めると言ってからは、頻繁に「変な気を起こすな」と言われていたのですが、それはおそらく部下が何かやると自分の評定に傷がつくからだったのでしょう。最後までパワハラの塊のような人でした。どうせ辞めるのだから、問題になろうとも思い切ったことをやってから辞めればよかったなと今でも思っています。

ニュースでも時々、○○の人が亡くなったという話題がありますが、問題があってもそれを認めようとはしないでしょう。今は○○のドラマや番組を見るのも嫌になりました。もちろん一生懸命に皆さん勤務されてるのでしょうが、こういった経験をした私にとっては、何を言っても綺麗事としか思えません。

辞めてから、よく息子や知り合いが○○になりたいのですがという相談を受けますが、「○○になりたいなら頑張ってください。でも相当な決意がないなら絶対やめたほうがいいです。」と伝えています。仕事のイメージというものに先入観を持たないようにすべきだと思います。

スポンサーリンク

コメント

  1. Paz より:

    この記事を見ると自分の会社もブラックの部類に入ると思うのですが、全然マシと思いました。むしろまだ幸せなのかもしれない

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です