仕事のミスで泣くほどに叱責 | パワハラ・いじめのある辛い職場

仕事のミスで泣くほどに叱責される辛い職場

ブラック企業に勤めた方の体験談をご紹介します。

高圧的な人間がいる職場は本当嫌ですね。仕事で泣くとか…辞めて正解だと思います。

上司なんて辞めたらただのオッサンですし、あんまり気に病むのもバカバカしいです。

スポンサーリンク

仕事のミスで泣くほどに叱責 | パワハラ・いじめのある辛い職場

仕事のミスで泣くほどに叱責 | パワハラ・いじめのある辛い職場


 K.Kさん(男性)、30代、ディーラー勤務(新車) 

つてで入ったのがそもそも甘かった

私が就職活動をしていた時はいわゆるリーマンショック真っ只中で、秋頃から一気に採用が激減していました。秋採用にかけていた自分はそこで就職活動を諦めてしまい、大学時代に知り合った会社の社長さんから誘いを受けていた自動車販売の会社に入社することを決めました。

その会社はメーカーの看板を出している会社でありながら、他社のメーカーの車を取り扱うという当時はまだ珍しい営業をしている会社ということで、「ここなら今までの自動車販売のやり方を変えられるかもしれない」とワクワクする思いもありました。

しかし、世の中そんな甘くないと痛感させられたのは、会社に入って半年くらいして社長が変わった時からでした。新しい社長は前述のやり方を全て廃止し、他社と変わらない普通のディーラーに戻してしまいました。

数字を求めるばかりに、インチキ社員が続出

私が最初にいたお店では「とにかく顧客を回って回って回りまくれ」というスタンスで、飛び込み営業こそなかったものの、毎日30件~50件近くのお客様の自宅に訪問して攻勢をかけまくるというものでした。

パワハラ・いじめのある辛いブラック企業

自動車業界というのは、20年前はバブル期でとにかく家に行けば車が売れる。その成功談を体験した社長や部長などは、そのやり方が今でも正しいと絶対的な自信を持っていて、「車が売れないのは訪問量、電話の数が足りないからだ」といつも言っていました。ですが、今はそんな時代ではないのは、当時若手だった自分にだって分かります。

でも、体育会の風土からかそんなことを言える人は誰もおらず、結局は日報に、実際は行っていないのに「このお客のところに行った」などと嘘を書いて数字をごまかす社員が続出していました。私はそれでも必死に回っていたのですが、思うように成果が出ず、いつも店の課長や係長に怒鳴られていました。

社内の権力は部活動OBが独占

また、その会社は社内に部活動を持っていて、その部活OBというのが社内で大きな力を持っていました。その人たちから無理やり飲みに付き合わされた上に、次の日にまともに仕事ができないくらいに飲まされたり、部活OBの先輩から「お前は太っているから仕事ができない、月末までに○○キロ痩せろ、痩せられなかった体重×1万円よこせ」などと言われたこともありました。

自動車営業をしている立場でありながら、次の日までガッツリ残るくらい無理に酒を飲ませるのは異常だと思いますし、なぜ体のことまで言われなくてはいけないのか、しかもお金を巻き上げるなんて…と思いましたが、それが許されるのが社内でのOBの特権でした。

ƒƒƒパワハラ・いじめのある辛い職場

それでもなんとか頑張っていたのですが、会社を辞める半年位前だったと思います…自分の中で決定的な出来事が起こりました。それが当時勤めていた店舗での係長に叱責をくらった時のことでした。

引きつけが起こるほどの号泣を体験

係長はもともと重箱の隅をつつくように細かいミスを繰り返し言ってくることが多々有り、それも大声でいつも怒鳴ってくるので自分はいつも怯えていました。ある日、車庫証明の書類の不備で2度警察署に足を運んでしまったことがあり、それを店長に軽く叱責されました。

特に大事でもなく、店長からは「次は気をつけろ」程度の叱責だったのですが、そのあと係長から呼び出され、延々と罵倒のような感じで叱られました。こんなのもできないのか、お前は給料泥棒だの、今月の給与は全額返納しろだの、色々と酷いことを言ってきたと思います。

嗚咽に近いような涙を止めることができなかったというのはこの時が初めてです。それから逃げるようにその場を立ち去り、車の中で引きつけを起こすくらいに泣きました。それからは覚えていないのですが、気がついたらとある埠頭に車を止めていました。本能的におそらくそういうことを考えたんじゃないかなと思います。

それからしばらくして私は会社を辞めました。未練はありません。やめて冷静になって思い返すと、良かったのは社長に目をかけてもらったくらいで、パワハラ、束縛、いじめのあるひどい会社だったと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です