仕事をしたくない!うつ病になりそうな時の対処方法


「朝早く起きて仕事に行って帰ってくる。毎日同じことの繰り返しで疲れた…。もう仕事したくない!」

サラリーマンにありがちな精神状態ですが、これが長く続くとそのうちうつ病になってしまいそうで怖いですよね。今回は、どうしても仕事したくない時の対処方法について考えてみましょう。

スポンサーリンク

仕事をしたくない!うつ病になりそうな時の対処方法

仕事をしたくない!うつ病になりそうな時の対処方法

原因を知る

仕事をしたくない、仕事に行きたくない、そんな気持ちを抱えたまま職場に行くのは非常に苦痛を伴うものです。しかし、「なぜ仕事をしたくないのか」と考えた時、具体的に何が嫌なのか、何が問題なのかは即答できなかったりします。

明確な原因を自分でも把握しないまま、嫌な気持ちだけにフォーカスしてしまい、どんどん気分が沈んでいく人は非常に多くいます。これを放置し続けると、慢性的なうつ状態へと発展しかねません。

仕事をしたくない原因と対処方法

そこで、まずやるべき対処方法は、仕事を憂鬱にさせる原因を明確にすることです。嫌なことを思い出すのは辛い作業かもしれませんが、それを自分で把握することはとても大切です。その上で、自分のウィークポイントの強化、人付き合いの仕方の改善、場合によっては転職、独立起業など、その後の対策へとつなげていくことができるからです。

目標を決める

誰しも、永遠に憂鬱な状態が続くというのは耐え難いものです。例えば、「3キロ先のゴールを目指して走る」のと、「ゴールはどこか分からないけど走る」のとでは、精神的な負担が全然違います。後者は、ペース配分もできなければ、「あと○○キロだ、頑張ろう!」と気持ちを高めることもできません。

183600

これは、仕事においても同様です。人はゴールがないものに対して頑張り続けることは、余程のモチベーションの持ち主じゃないとできません。「定年まで勤めれば楽になるから、あと30年頑張ろう!」では精神的に辛すぎます。数か月ごとの明確な目標を設けて仕事に取り組むのが良いでしょう。

仮に、仕事をしたくないと感じさせる原因が人間関係にあるのであれば、まずは3か月間その関係回復に全力で取り組んでみる。それでダメなら3か月間、嫌な人間関係を断ってみる。それでもだめなら、転職活動をする、など、短期的な目標を決めておくと、精神的な負担も減るはずです。惰性で日々を消化しないことが大切ですね。

仕事の後にご褒美を用意する

なんとか頑張るぞ!と仕事を続けている自分に「ご褒美」を用意するのも有効な方法です。例えば、一週間に一回、金曜日は「贅沢デー」として豪勢な夕食をとるとか、月に1度給料日に、欲しかった服を買うということでいいのです。

仕事をしたくない時の対処方法

仕事で悩みがあったとしても、ちゃんと続けている自分を褒めてやり、ご褒美を与えることで良い刺激になるでしょう。その日一日だけの喜びにするのではなく、「次の給料が入ったらあれを買おうかな…」などと、事前の計画も時間をかけて楽しむようにすると日々の気持ちも少し明るくなってきます。

思い切って休む

「どうしても今日は無理だ、仕事に行きたくない」という時も中にはあるでしょう。そんな時は、思い切って休んでリフレッシュするのも方法です。

自分の心のSOSに耳を傾ける事は非常に大切です。無理をして頑張り過ぎてうつ病になってしまっては意味がありませんので、一度休んで、心をリセットするという手段をとるようにしましょう。

仕事を休む理由 | 当日使える厳選言い訳集
ベストな"仕事を休む理由"とは!? 「朝になって急に仕事を休みたい…。」 サラリーマンをやっていると、誰でもそんな日があると思います。どうせ休む...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です