五月病の症状チェック | GW明けに仕事に行きたくない時の対策


GW明け、連休でリフレッシュしたはずなのに、気分が重い、仕事に行きたくない。この時期に現れやすい「五月病」には、精神的な症状だけでなく身体的にも様々な症状があります。

今回は、五月病の症状チェックとその対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

五月病の症状チェック | GW明けに仕事に行きたくない時の対策

五月病の症状チェック | GW明けに仕事に行きたくない時の対策

五月病とは

五月病(ごがつびょう)とは、学生や社会人などにみられる、環境の変化に適応できないことに起因する心身の症状の総称です。

GW明け頃に発症するケースが多いため、このような名前がつけられています。4月を節目に新たな環境に身を置く人が多い中、環境の変化がストレスとなり、連休で緊張の糸が切れて疲労が噴き出すことが原因とされています。「五月病」というのは正式な病名ではないので、病院へ行くと「うつ病」や「適応障害」といった診断を受けることになります。

五月病になりやすい人

五月病は、新入学生や新入社員などに多い症状ですが、もちろんそれ以外でもかかる方はいます。以下は、五月病にかかりやすいとされる人の特徴です。

  • 几帳面で真面目な人
  • 内向的で、自己主張の苦手な人
  • 大人しい受け身の人
  • 責任感が強い人
  • 我慢するのが癖になっている人
  • 完璧主義の人
  • 理想が高い人
  • 思い込みが強い人
  • 人の輪に入るのが苦手な人
  • 人に気を遣いすぎる人

「頑張りすぎてしまう人」や「自己表現が苦手な人」などは、環境の変化によるストレスを溜めこんでしまいがちなので特に注意が必要です。

GW明けに五月病やうつになりやすい人

五月病の症状チェック

五月病は「やる気がでない」「仕事に行きたくない」といった精神的な症状ばかりではありません。ストレスの蓄積からくる自律神経の乱れによって、身体的にも様々な不調が現れることがあります。

ここでは、五月病の症状について精神面と身体面に分けてご紹介します。GW明けにはこうした症状を感じる人は多いと思いますので、ぜひチェックしてみて下さい。

精神的な症状

  • 気分が重い、憂うつ
  • 仕事に集中できずミスを繰り返す
  • 何事にもやる気が出ない、興味がわかない
  • すぐに疲れを感じる
  • イライラする
  • 目覚ましがなっても布団から出たくない
  • 人と会うこと、話すことが億劫
  • 落ち着かない、訳もなくソワソワする

身体的な症状

  • 胃腸系の症状(胃の痛み、胃もたれ、食欲不振、下痢、便秘、腹痛、吐き気)
  • 睡眠障害(昼間の異常な眠気、夜中に目が覚める、寝つきが悪い)
  • 体調全般(倦怠感、微熱、頭痛、動悸)

GW明けの五月病の症状チェック

五月病を乗り越えるための対策

五月病は、ほとんどの場合一過性の症状で、1~2か月で回復するといわれています。とはいえ、気分の落ち込みや集中力の欠如によって仕事などで失敗が続くと、さらにやる気を失ってうつになっていく悪いループに陥らないとも限りません。

前項でチェックしたような症状を感じている場合には、症状を悪化させないため、しっかりと対策をとるようにしましょう。

生活習慣を整える

自律神経失調症の治療などでもよくいわれるように、生活習慣を整えることが五月病の予防・対策にも繋がります。

食事の面では、栄養バランスのとれた食生活を意識するとともに、アミノ酸の一種である「トリプトファン」を多く含む食品を摂るようにしましょう。トリプトファンは、ストレス軽減・疲労回復に効果のある「セロトニン」や、スムーズな睡眠を促すホルモン「メラトニン」を生成する材料となります。

食事でうつ病の予防・改善 | セロトニンを増やす食べ物
うつな気分を何とかしたい…。 「うつ病」という程ではないけど、仕事のことを考えると憂鬱…。今回はそんな人向けに、うつ病の予防・改善に効果的な食事につい...


セロトニンは太陽光などの強い光を浴びている時に多く分泌され、反対にメラトニンは夜間暗い時に分泌されます。そのため、昼夜が逆転した生活はこれらのホルモンのバランスを崩し、うつの症状を悪化させる原因にもなります。規則正しい生活リズムを心がけることが大切です。

ストレス解消&リラックス

五月病でやる気が出ない時には、自分が好きな趣味等に打ち込み、ストレスを解消して気分転換するようにしましょう。

例えば、

  • 好きなスポーツで汗を流す
  • 温泉でゆっくりとくつろぐ
  • 凝った料理を作ってみる
  • 旅行に行く
  • 自宅でまったり読書・好きな映画を見る

などなど、気分転換とリラックスを心がけることが大切です。

また、他人に悩みを聞いてもらうことも、うつの症状改善には有効な手段です。

気持ちを軽く持つ

GW明けに限らず、連休明けは大体の人が仕事に行きたくないものです。五月病のチェック項目にいくつか当てはまったからといって、変に悲観する必要はありません。

現在の環境に適応しようと努力している証拠でもありますから、頑張ってきた自分をほめてあげるくらいの気持ちを持ちましょう。同時に、ストレスを感じていること・ガタがきていることを認め、肩の力を抜くことも大切です。

五月病で仕事に行きたくない時の対策

「今日から仕事だ!頑張って行こう!」と自分を鼓舞しようとすると余計に気が重くなります。朝、どうしてもやる気が出ない場合には、「とりあえず○○しよう」という考え方でハードルを下げ、一歩ずつ段階を踏んで進んでいきましょう。

    「とりあえず布団から出よう」
    「とりあえず何か食べよう」
    「とりあえず駅まで行こう」

先の心配をしてしまうと憂鬱な気持ちが増します。目の前の一つの行動のみを実行していくことが大切です。

まとめ

今回は、「GW明けの五月病の症状と、仕事に行きたくない時の対策」についてご紹介しました。

上述した対策の他、サプリメント等もあります。
うつ・不眠でお悩みなら。全く新しいサプリ【セロトアルファ】

通常、五月病は1~2か月程度で自然に治るといわれていますが、症状に改善がみられない場合には早めに病院で診断を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です