部署異動をきっかけに退職 | 人材開発の研修会社を起業した体験談

部署異動をきっかけに退職して起業した体験談

会社を退職して独立起業した人の体験談をご紹介します。

今回は、営業マンや販売員を対象にした人材開発会社を立ち上げた人の話です。何だか人生楽しそうです。

スポンサーリンク

部署異動をきっかけに退職 | 人材開発の研修会社を起業した体験談

部署異動をきっかけに退職 | 人材開発の研修会社を起業した体験談


 Y.Mさん(男性)、43歳、人材開発会社 

研修一筋で来た私が異動を機に独立

私は大卒で某保険会社に入社以来、ずっと研修・人材開発畑を歩いてきました。多くの営業マンと、それを統括する代理店を抱えている保険会社で、基本的にフェイストゥーフェイスの営業方法をとっていました。そのため、各人のマンパワーをいかに高めるか、ということが会社の肝になります。その肝を扱う部署ということで、非常に注目もされ、やりがいもありました。

私自身、人材開発プログラムの開発から人事制度の構築、かたや研修内容の開発と、場合によっては自分が講師になって壇上に立つということをしていました。

異動をきっかけに退職・起業した体験談

ところが40歳になった時に、商品開発の部署に異動になり、人材開発部からは離れてしまうことになりました。最初は会社の命令なので仕方ないと考えましたが、どうしても人材開発の仕事が忘れられず、「それなら自分で起業してその仕事をやれば一生できる」と思い、退職して独立する決意を固めました。

そのことを上司に言うと、現上司も元上司もこぞって反対し、役員まで出てきて慰留を受けました。ありがたかったのですが、やはり人材開発で食っていこうという気は変わらず、結局退職をしました。

始めたのは「営業マン・販売員を対象にした人材開発会社」

人材開発と言っても人事ではありませんでしたので、新入社員研修などのクラス別研修は詳しくありません。そこで、得意分野である「人にものを売る」というスキルを徹底して磨き上げるということをドメインにした人材開発会社を1人で立ち上げました。前の職場で、一緒にやりたいといってくれる人間も何人かいましたが、人の人生は背負えないので断り、1人で起業しました。

前の職場のネットワークは使えませんので、まずはホームページと名刺を作りました。ホームページはリスティング広告を打って検索上位に上がるようにし、あとは名刺を持ってひたすら営業をしました。と、言っても飛び込み営業ではなく、片っ端からホームページを検索して、営業マンを抱えていそうなところに電話でアポをとり、あとは企画書を持ってそこに営業に行く、というスタイルです。

ただ最初のうちは、全く仕事が取れず、ほぼ無収入の月が3か月続きました。今では、やっと月50万円ほどで、前職の6割くらいです。

苦労したのはやはり新規客獲得と企画書作り

自分で起業してみて苦労したことは、やはりなんといっても顧客作りです。何のネットワークも持たないでスタートしましたから、新規客獲得がなければ始まりません。それで必死に営業活動をしましたが、なかなかそれでも成果が現れず、「営業の研修をする癖に自分が新規客をとれないなんて…」と自虐的な思いも抱きました。

しかし、やっていくうちに見込み客も取れ始め、ホームページからも問い合わせもくるようになり、だんだんと顧客が増えていきました。これがだいたい起業して半年後くらいです。

退職・起業後の新規顧客獲得と企画書作りの苦労

顧客が増えてきた時に大変だったのが、企画書作りです。前職では、それはむしろ自分の得意分野でしたが、今度は見込み客ができるたびに、その顧客向けの企画書を営業から帰っては夜中に1人で作りました。ある程度のひな型はありましたが、やはり説得力を出すためには、相手のニーズに合ったものにする必要があるので、毎回7割くらいは新たに作る感じでした。そのために徹夜になることもしばしばで、これが非常に大変でした。

まだ途中。でも成功に向かっている気はする

ということで、まだ大きく成功したわけでもなく、相変わらず営業マン+プランナーは私だけの状態です。やっと2年半たった時に秘書を1人雇ったものの、本当に吹けば飛ぶような会社です。

それでも、自分の興味であり、1番力を発揮できる人材開発の分野で仕事が一生できるというのは何より幸せなことです。今のところなんとか生活できていますので、退職・起業は一応成功に向けて進んでいると思っています。

何より、数少ないクライアントのために一生懸命企画を練り、それを実施してクライアントからありがとうと言われるのは、あのまま普通に会社勤めをしていたら無かったことなので、それが何よりやりがいを感じている部分です。

この先どうなるか分かりませんが、企業があって、営業があれば、絶対にこの分野のニーズはなくならないと思うので、しっかりと成果を積み重ねて業容を広げていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です