プレミアムフライデー… | 早帰りで会社員に効果・メリットはある?


プレミアムフライデーの効果

政府が「プレミアムフライデー」なるものを検討しているみたいですね。

以前の「ゆう活」がいまいち不評な中、今度の施策は期待できるのでしょうか…?

スポンサーリンク

プレミアムフライデー… | 早帰りで会社員に効果・メリットはある?

プレミアムフライデー | 早帰りで会社員に効果・メリットはある?

プレミアムフライデーとは

個人消費を喚起するため、政府や経済界が月末の金曜日の午後3時に退庁・退社し、夕方を買い物や旅行などに充てる「プレミアムフライデー」構想を検討していることが12日、分かった。

経団連は政府に先行して、10月にもプレミアムフライデーの実行計画を策定する方針だ。

参照元: SankeiBiz

要は15時に早帰りできる施策みたいですね。自由な時間を増やして、個人消費の増加につなげようというのが意図のようです。

そういえば、私のいた会社の上司は「金はあるけど使う時間がない」といつも言っていました。そういう意味では、金を使う時間を増やす必要があると政府が意識しているのは良い傾向のような気がします。

問題は、このプレミアムフライデーに実際に効果があるかどうかですね…。15時以降まで営業している店とかは対象外になるのでしょうか?

プレミアムフライデーの効果とメリット

会社員にとってのメリットは?

一会社員にとっては、個人消費や経済効果とかはどうでもいいので、とにかく労働時間が減って仕事が楽になるのかどうかが重要です。しかし、この施策を見て、「やった!15時に帰れるようになるぞ!」と無邪気に喜ぶ人は少ないのではないかと思います^^;

容易に想像されるオチ

  • 早帰りになった分、仕事が滞留し、別の日に残業をするハメになる
  • 仕事が終わらないので結局残る
  • 朝の開始時間が早くなる
  • 他の人が残っていたり、早帰りが気まずくて結局定時まで残る
  • そもそも会社がプレミアムフライデーを取り入れる気がない


単純に労働時間を減らしても仕事量が減らなくては意味がないというのは、ゆう活が証明してくれたところです。ゆう活の結果、逆に「労働時間が増えた」という調査結果もあるくらいです。

恐らく今回もあまり期待はできませんが、大手のホワイト企業であれば、純粋に意図を汲んで取り入れてくれるところはあるかもしれませんね^^;

せめて負担が増えないように…

仕事が楽にならない以上、プレミアムフライデーが有益なものになるかどうかは、「増えた時間をどう使うか」にかかっているような気がします。

飲みに行ったりするのも良いとは思いますが、後に残るものがないので、スキルアップ等に費やすのがやはり格好良いですね。私だったら、ダッシュで家に帰って脱サラのための勉強・準備をします^^;

このプレミアムフライデーが実際に導入されるのかどうかは分かりませんが、せめて負担が増えないように配慮された施策になっていると良いですね…。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です