仕事のミスからクビ同然で退職 | プログラマーへの転職に成功した体験談

プログラマーへの転職成功体験談

転職に成功した人の体験談をご紹介します。

やっぱり自分がやりたい仕事につけるのが一番ですね。前職を退職に追い込まれたのは逆にラッキーだったのかもしれません。

スポンサーリンク

仕事のミスからクビ同然で退職 | プログラマーへの転職に成功した体験談

仕事のミスからクビ同然で退職 | プログラマーへの転職に成功した体験談


 N.Kさん(男性)、20代、プログラマー 

仕事のミスで精神疾患に

私は現在、プログラマー職として勤務していますが、転職前はテストオペレータとして勤務していました。大学卒業後、新卒として都内にある土木製品を扱うソフトウェア開発メーカーに就職し、技術部門のテスト部署にテストオペレーターとして配属されました。そこで完成品が機能をすべて満たしているかをチェックして、不具合箇所を開発部門に報告する仕事をしていました。

仕事の内容は、早い段階で流れを掴むことができ、ある程度は自分の裁量で進めることができたので満足はしていましたが、1年が過ぎたころ、上層部から同じようなエラーが横流しになっていることを厳しく叱責されました。それ以降、テスト手法を一から見直すために、終電まで残って改良策を考える生活が1か月以上も続き、精神的に病んでしまい、そこに居辛くなってしました。

クビに近い形で退職

本来は、このような状況に陥る前に、部署の上司に相談しながら作業を進めるのが普通だと思います。私もそうしたかったのですが、その1つのミスが原因で人間関係が大幅に悪化していたため、完全に四面楚歌の状態で、この事を上司に相談しても全く相手にしてもらえませんでした。最終的に、ノルマも不達成ということで、クビに近い形で退職せざるをえませんでした。

仕事のミスからクビ同然で退職

退職届を普通に提出しましたが、もう人間関係が先述の通り険悪だったので、反応は言葉も含めて1つもなく、「ハイさようなら」の空気だけでした。退職後は、ショックが大きく、暫くは引きこもりに近い状態が数か月間続きました。その後、自分の適職を一から見直したところ、前職の業務の中で、テストをするプログラムを改良して完成に近づけていく作業が面白いことを思い出しました。

プログラマー職への転職に成功

そこで、プログラマーの仕事が一番前職の経験を活かすことができると思い、この職に絞って求職活動をスタートさせました。当初は、ハローワークなどの公共機関を使って続けていましたが、求人数自体が少なかったので、職員の方から、このような技術職を目指すのであれば、大手の転職サイトなどと並行して進めた方が良いというアドバイスをもらいました。

そこで、転職サイトのうちリクナビNEXTなどに登録し、それらを使いながら転職活動を続けました。新卒の就職活動の時と同じような流れで、エントリーシート提出や会社説明会の応募などもネット上でできましたので、使いやすかったです。

これに加えて、日程調整がしやすかったり、自分のキャリアに応じた転職先を示してくれたりする転職サイトのエージェントも使用しました。その結果、テストエンジニアからプログラマーに変わりましたが、望んでいた仕事に就くことができました。

プログラマーへの転職に成功した体験談

転職は成功だったと思っています

転職前は東京都内でしたので、給料は新卒にしては少し高く24万円ぐらいでした。今は地元の和歌山県内で勤務していますので、15万円ぐらいになってしまいましたが、家賃などの出費を考えれば、それほど生活水準が落ちたとは感じておらず、むしろ住みやすさや通いやすさの満足感の方が給料よりも上だと思っています。

仕事の方も、現在はプログラマーとして、本格的にプログラミング経験を積んでいる段階ですが、その作業の中でエラーを見つけて修正していく過程が面白く感じています。今の会社に入って数か月ですが、毎日充実していますので、全体的には転職は成功だったと思っています。

ゆくゆくは本格的に基幹システムの保守・改良・メンテナンスの仕事ができるように頑張りたいです。そして、プライベートと両立しながら、このまま働き続けたいと思っています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です