ブラック居酒屋の副店長 | 営業ノルマ未達は自腹で商品購入…

ブラック居酒屋の営業ノルマ未達では商品を自腹購入

ブラック企業に勤めた方の体験談をご紹介します。

今回は、居酒屋の副店長さんの体験談です。

労働環境を改善しようとしているみたいですが、20代だったらさっさと転職してしまった方がいいような気がします…。

スポンサーリンク

ブラック居酒屋の副店長 | 営業ノルマ未達は自腹で商品購入…

ブラック居酒屋の副店長 | 営業ノルマ未達は自腹で商品購入…

 I.Kさん(男性)、20代、チェーン居酒屋副店長 

副店長として店管理と接客を行っています

10代後半から居酒屋でアルバイトをしていて、20代前半に社員雇用になり、20代半ばの時に副店長になりました。

チェーン店で全国展開しているため、店舗数はとても多いです。店長は他の店の店長も任されているので、1人で10店舗以上受け持っています。普段は本社で事務作業か他店を飛び回っている事が多いので、副店長の私が実質店長に変わってお店を回しています。

仕事はシフト作成、バイトの面接、商品・備品発注・在庫管理(棚卸)があります。面接は多い時で月に5~6回行う事もあり、1人につき大体30分程です。他にはバイト従業員と共にホール接客、調理場に入る事もあり、後はレジや掃除です。こうした仕事内容は他の飲食店とそこまで変わりがありません。シフト制で、店自体が16時~2時まで営業なのでシフトもその間です。

とにかく人手が少ない

この職場でバイトをしている時から思っていたのですが、とにかく人が少ないのです。お客さんが一度に50名までしか入らないような小さい店舗ですが、店員は私と店長の他に調理場バイト2名、ホール接客バイト2名しかいません。店長はほとんど他の店舗にかかりっきりですから、実質5名で営業しているといった状態です。

私と店長以外はバイトで、皆すぐに辞めていきます。一番長い人でも調理場バイトのAさんが勤続2年です。どれだけ店長に言っても「上からあまり人をいれるなと言われているから、せいぜいあと1人雇う位しかできない」と言われます。本音では後3人欲しいです、ピーク時は5人全員入っても回らないからです。

残業代が出ない・人手が足りないブラック居酒屋

そして残業代が出ない所もブラックだなと感じます。毎月1店舗ごとにMH(店舗全員のシフト時間)が決められていて、例えば300時間内に収めないといけません。1人残業して301時間になったとして、その1時間分は時給が出ないのです。ずっとMHを越えていると、本社や店長からちゃんと管理が出来ていないと怒られます。怒られても、残業をしなければ店が回らないんだと言い訳したくなります。

ノルマ未達成だとペナルティとして商品購入を迫られます

一番ブラックだと感じるのが「厳しいノルマ」があることです。このせいで何人もバイトが辞めていきました。「1ヶ月の売上〇百万円」といった目標の他に、「本社の推したい商品を〇〇個以上売る」というようなノルマがあります。

例えば焼き鳥100品売上というノルマがあると、それを1ヶ月の内に達成しなければならないのです。それが達成できなかったら、副店長とバイトがその商品の購入を迫られます。

忙しい中、個別で本社に呼び出され、営業課の社員から「売上が低すぎる、商売舐めてるのか」と叱責されたり、「お前ら正座して自分達の悪い所を100個言え」と言われます。その後「○○店はノルマ未達成なのでペナルティとして焼き鳥をノルマの残り90品購入する事」と言われ、給与からその分お金を引かれるんです。

ブラック居酒屋のノルマ未達で自爆営業

バイトの中にはあり得ないと文句を言う子もおり、私も最初は抗議していました。でも「訴えるなら訴えてもいいがこちらが勝つのは目に見えている」とか「馬鹿な事を言ってないで黙ってノルマ達成したらいいんだよ」と言われるのです。

会議室の真ん中で、営業課のガタイのいい男性社員数人に囲まれ、正座をして長時間叱責されるのはとても苦痛です。私は副店長なので、バイトの子にこんな事をさせたら辞められてもっと負担が増えることが目に見えています。そのため、ペナルティも自分だけで負っています。

残業も月に200時間して、バイトの子の代わりに多く入っています。でも段々とこんな事に意味があるのか、いつまでこんな生活が続くんだと悲しくなってしまいます。

証拠を集めて訴えるか労働基準監督署へいく事も視野に

現在20代後半、長年勤めてきましたが体力も精神ももう限界です。このままこの職を続けていては、体と心の両方を壊してしまうでしょう。

いざとなったら、私は会社を訴えようと思っています。シフトは会社支給のPCに勤怠を打ち込むシステムで、容易に内容を変更できます。だから、バイトの子にも協力してもらって、紙に手書きで出勤退勤を記録するようにもしているのです。そしてPCに打ち込む分も、写メを毎回撮るようにしています。これで、本社が残業なしと言っても、本来は残業があった事を証拠に出せるのではと思っています。

そしてペナルティを宣告される時はいつも本社に呼び出されて叱責されるので、その様子を録音するようにしています。まだあまり鮮明な声を録音出来てないのですが、罵倒されたり明確に支払いを求められた時の会話を録れたらと思っています。

それを元に弁護士に依頼するか、それとも労働基準監督署に相談しようと思っています。バイトの中には「あまりややこしいのは嫌だ」とか「トラブルになったら辞めさせられる、そうなったら次のバイトを探さないといけない」とと言う人もいます。そこを説得して、他の店舗でも同じような状況の人を探して、まとめて改善案を本社の上へ持っていくつもりです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です