ゲーム会社はブラック企業が多い? 華々しいゲーム業界の光と影

ブラック企業が多いゲーム会社 ゲーム業界の光と影

ブラック企業に勤めた方の体験談をご紹介します。

若い人の中にはゲーム会社に憧れを持つ人も多いのではないでしょうか。やっていて楽しそうな職業ではありますが、大変な環境で働く人も多いようです。

スポンサーリンク

ゲーム会社はブラック企業が多い? 華々しいゲーム業界の光と影

ゲーム会社はブラック企業が多い? 華々しいゲーム業界の光と影


 K.Nさん(男性)、30代、ゲームプランナー  

ゲーム業界はブラック?

私はゲーム業界でプランナーとして働いて10年になります。ゲーム業界と聞くと多くの方は「ブラック企業が多いのでは?」とお思いになるでしょうが、全ての会社がそうなわけではありません。厳しいことや辛いことも多々ありますが、夢を売る商売のため日々楽しく働くことのできる環境も多くあります。事実、私は現在はそういった環境におり、とても満足しています。

ただし、私が新卒で入社してから約5年間働いた某企業はブラック企業と言っても全く問題がないような労働環境でした。昨今はスマホアプリなどが流行っているため、いわゆるゲーマーではない方もゲーム会社で働くという選択肢を視野に入れることもあるかと思います。その際にブラック企業で働くことにならないように私の経験をご紹介していきます。

スマホアプリのゲームプランナーの仕事

私はスマホアプリ制作のプランナーとして働いています。ゲームプランナーは誰しもが憧れる企画職となりますが、実は地味な仕事が多く「高度な雑用」となります。まずはKPI(目標達成の度合いを測る指標)からユーザーの動向を分析して仮説を立て、そのうえでよりユーザーに楽しんでもらいお金を払ってもらえるような企画を立てて、それを仕様書に起こしていきます。

ゲーム会社のプランナーの仕事内容

仕様書を作成してチーム内の承認が出ると、プログラマーやデザイナーがそれを基にして実際に形を作っていきます。そして自分の企画がリリースされたら全てが終わるわけではありません。ユーザーがそれによりどういった動きをしたのかということを再度分析して、より良いものを作っていくのです。

スマホアプリはリリースしてからも運用していくため、ユーザーを飽きさせないため常にブラッシュアップをしていく必要があるのです。そのためのPDCAを回していくことがゲームプランナーの仕事となります。

プランナーがプランナー以外の仕事をすることも…

私が新卒で入社した会社も、基本的な業務内容は前述したものでしたが、そこまで会社の規模が大きくなかったため一人では抱えきれない仕事量を背負うことになりました。今勤めている会社では一つのゲームの運用に約10~20人が関わっていますが、新卒入社した会社では約3~5人程度しかいませんでした。

当然その人数では作業分担もできるわけがなく、仕様書やゲームデータの作成、KPIの分析などのプランナー業務から、外部の宣伝用の資料など本来であればプロモーション担当が行うような業務も私一人で行っていました。さらにプログラマーやデザイナーの人手も足りないため、簡単なプログラムやデザインであればプランナーが行うことも多々ありました。

プランナーが本来の仕事以外のことを行わなければゲームを運用することができない状態で、それを行っているとプランナー業務に遅れが出てくるという悪循環の中で働いていました。

ゲーム会社でのブラック企業に近い労働環境

ブラックな環境を避けるためには?

売上が足りないチームは人件費を削って利益を出さなければならないため、どんどんと人が減らされていき、私のチームではプランナーは私だけとなったことがありました。そして平日は終電帰りが当たり前で、1週間会社に泊まりっきりということも多くありました。

さすがにそのような環境で働いていると体を壊してしまうと感じて、その会社は退職することにしました。今後は同じようなことにならないために、入社を考えている企業には「1つのチームの大体の人数」「プランナーがプランナー業務以外のことをする必要があるか」ということは必ず確認することにしています。

利益を出すことは会社に勤めている以上必要なことで、こればかりは私の力だけではどうしようもないのですが、この2点をしっかり確認しておけばブラックな環境で働くことを極力避けることができると思ったからです。

ゲーム会社は華々しい業界でもありますが、一つ間違えば大変ブラックな環境で働くことになります。これからゲーム業界を目指す方がそのようなことにならないための参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です