休日出勤&残業代なし当たり前 | 先物取引の営業のブラック体験談

先物取引のブラック企業

ブラック企業に勤めた方の体験談をご紹介します。

SEや塾講師等と並んで、先物取引の営業はブラック報告が多いようですね。もちろん良い会社もいっぱいあるんでしょうが…。

スポンサーリンク

休日出勤&残業代なし当たり前 | 先物取引の営業のブラック体験談

先物取引の営業 | 休日出勤&残業代なしのブラック企業の体験談


 K.Nさん(男性)、20代、営業職 

ブラック企業に就職 ~若かった無知な自分~

私は昔、先物取引の営業を行っていました。その会社との出会いは、大学在学時の就職説明会です。営業には一抹の不安もあったのですが、まずまずの給料に惹かれ、入社試験を受けて内定・入社となりました。

入社後に分かったのですが、この先物取引の営業とは、いかに多くの新規顧客を獲得するかにつきます。そのため、まずは飛び込み営業。この飛び込み営業というのは、見知らぬ会社やお店にアポ無しで片っ端から飛び込み、その会社・店舗にいる一番上の責任者(社長や支店長、店長あたり)に営業をかける事です。

この他には電話営業。これも企業・店舗用の黄色の電話帳(あの超ぶ厚いヤツです)の「あ」行から順に片っ端から電話して、あとは上記に記した飛び込み営業と同じです(こんな営業手段から既にブラック企業の香りがプンプンですね)。

こんな事を朝から晩まで行い、新規顧客を獲得するのです。

先物取引の営業のブラック企業に就職

ブラック企業だと強く感じたこと ~長すぎる拘束時間~

仕事内容は上述の通りですが、いざ勤めてみるとまぁ拘束時間が長い事長い事。朝7時には出社して、会社を退社するのが夜10時です(繁忙期とかたまたま忙しいとかではありません、これが通常勤務時間なのです)。

ハイ私騙されました…。企業説明会ではこんな事全く言われてませんでしたから(こんな事説明会で言えないですけれどね)。所属の課長や主任からは有無を言わさずの強制早出出社、残業です。もちろん残業代なんてものはありません。

しかも休日出勤当たり前。会社案内にも載っていて、人事の人が言っていた土・日・祝日公休ってのは一体何だったのか…。当然ですが休日出勤手当があるわけでも、代休があるわけでもありません。ろくに休みも無く、毎日朝から晩まで上記の様な営業を続けていました。ブラック企業そのものです。

印象的な事案 ~上司もブラックだと感じた瞬間~

既に記述した営業内容や勤務時間などからブラック企業だとは強く感じていましたが、そんな会社でも上場企業なんですよ(1部2部ではありませんが)。株式上場ってのは何なんでしょうかね、企業精査ってどうなっているのでしょうか。

これは私ではなく、同期の人間が経験した話です。顧客が先物取引を行うに際し、もちろん儲かる事もあれば損する事もあります。たまたま同期の顧客は損をしてしまい、顧客になかなか言えずに上司の課長に相談しました。

一般的には「じゃあ俺(課長)が同行して説明してやる」位な事はあっても良いかと思います。しかし、その課長は、「言えないのなら言わなくて良いから、損失分をオマエ(同期)が補てんしろ」と言い放ったそうです。開いた口が塞がりません。それを見ていた周りの課長・部長は見て見ぬふりをしていました。

そして退職へ ~さようなら、ブラック企業~

先物取引の営業のブラック企業を退職

そんな状況が続き、私の中で決心したことがあります。「辞めよう」。こんな会社に未練はありません。居続けたらきっと精神を病んでしまうし、休みも無くこんなことやってられません。

とはいえ、ただ辞めるのも悔しかったので、心の中で辞めようと決めてから1ヶ月はあまり営業をしませんでした。「飛び込み営業行ってきます~」と会社を出てはパチンコをしたり漫画喫茶に行ったり、かなり遊んでいました(まずまず営業成績が良かったので全く疑われる事はありませんでした)。

頃会いを見て課長に退職届を提出。課長は驚き、もちろん引き止めましたが、私の意志が変わらないと判断し、無事受理となりました。私が辞めた後には同期も何人か後を追うように辞めたそうです。今の私は再就職に成功し、充実な仕事・プライベートを過ごしています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です